immikorea.com

外国人が短期ビザで韓国に入国したが、不意の事故や病気で病院での治療のために滞在期間を延長する必要があります。

  1. 突然の交通事故に遭った場合
  2. 韓国で整形手術をしたが、皮膚壊死が起こった場合、
  3. 病院で手術を受けたが、継続的に経過を見守らなければならする場合
  4. 高齢のお年寄りの方が韓国に観光来突然病気の場合
  5. その他の様々な緊急の場合

このような場合にG1ビザを受けて、滞在期間を延長することができます。

短期間に治療することができている場合には、出国猶予を介して処理をするとされ、長期間の治療が必要な場合には、G1ビザを発給受けるされます。

G1-2ビザを受けるためには、長期の治療が必要である医師の診断書と

滞在期間中の生活費と治療費を負担することができる能力を証明しなければなりませ

G1-2ビザを受けるために医師の診断書と滞在期間中の費用を証明することが最も重要です。

  1. 医療機関からの長期治療の必要性を立証する書類
  2. 治療と滞在費の調達能力を証明する書類
  3. 滞在費用を証明することができる通帳
  4. 身元保証書
  5. 保護者があるときは、家族関係を証明する書類
  6. 滞在先を証明する書類等を準備して
  7. 統合アプリケーションとアプリケーションします。

(書類は、一般的なものであり、申請者の状況及び審査基準に基づいて追加書類を要求することができます)

病院での治療のためのG1ビザ

しかし、滞在期間を増やすために虚偽の書類を作成G1ビザを受ける場合が多いので、出入国事務所では、G1ビザについてかなりうるさい審査をします。

どのビザでも、一度不許可されると、再び適用することは難しいので、最初から確実な書類を備えて申請ほうが望ましいです。

コメントを残す

error: Content is protected !!