2023-01-08BY Immikorea

결혼비자의 절차와 서류

F-6ビザ:国家間の交流が活発になり、国際結婚も急速に増加しています。 統計によると、韓国人の結婚の10%が外国人との結婚であることが示されています。 今は韓国も単一民族国家ではなく、多民族国家に参入しています。

F6ビザは韓国人との婚姻を通じて在留資格を獲得することになります。 したがって、安定した結婚生活のために韓国人配偶者の所得、結婚の真正性、コミュニケーションの有無などについて基本的な要件を通過しなければなりません。 これは真正性のない結婚を通じて、外国人配偶者の人権が侵害されることを保護し、韓国社会によく適応できるように助けるためです。

F6ビザ申請の際は、事前に婚姻届になっていなければなりません。

外国人配偶者が長期ビザを持って韓国に滞在中の場合、韓国にのみ婚姻届を出すとF6ビザの発行が可能です。 しかし、海外領事館にビザを申請する場合には、両国に婚姻申告がなされなければならない場合が多いです。

韓国での婚姻届のためには未婚であることを立証する婚姻要件証明書が必要です。 (通常は未婚証明書と呼びますが、国ごとに名称は異なります)

韓国区役所婚姻届の必要書類

  1. 身分証明書:パスポート、外国人登録証、住民登録証
  2. 婚姻要件証明書(未婚証明書)オリジナル
  3. 婚姻要件証明書翻訳
  4. 婚姻届

婚姻届についてもっと詳しく

外国人配偶者が海外に滞在している場合(招待)

F6ビザ申請は、外国人配偶者が滞在している国の韓国領事館に申請する必要があります。 韓国人配偶者はビザ申請に必要な書類を準備して配偶者に送らなければなりません。 韓国領事館に提出するため、韓国書類について翻訳や公証は必要ありません。

外国人配偶者が長期ビザを持って韓国に滞在している場合(ビザ変更)

外国人配偶者がすでに長期ビザを保有しており、韓国に居住している場合は、在留資格の変更を韓国出入国事務所に申請することができます。

短期ビザで韓国に入国した場合

観光ビザやムビザで入国して婚姻届などの手続きをする場合が多いが、このような場合に韓国で結婚ビザを申請することはできません。 このような場合、配偶者の本国に行く必要はなく、近い日本や中国の韓国領事館でビザを受けて入国できます。

下記の場合に例外的に国内で変更可能です。

  1. 子供がいる場合
  2. 妊娠・出産予定者
  3. 重症疾患を患っている場合
  4. その他の人道的理由

F6ビザの場合、2人基準年収が2千万ウォン程度で審査基準が低く見えますが、意外に多くの方が通過できない部分です。

審査対象となる所得とは、税務署に申告された所得を意味し、税務署で発行する所得金額証明員として立証することになります。 フリーランサーで働いている方や現金で主に取引される自営業者の場合は所得はありますが、申告された所得がないため難しい場合があります。

認める所得の種類

  1. 招待者が昨年取得した勤労所得+事業所得+不動産賃貸所得+利子所得+配当所得+年金所得の合計が可能
  2. 財産(預金、保険、証券、債券、不動産)の5%を所得と認める。 6ヶ月以上保有した財産で、負債を除いた純資産のみ認定。
  3. 住民登録上世代を共にする直系家族の所得でも可能
  4. 外国人配偶者の韓国内所得も可能
  5. 地域加入者健康保険料納付額で所得算定可能
    • (1年平均健康保険料÷3.43%×12月=推定年所得)
    • 例55,000ウォン÷3.43%×12月= 19,241,983ウォンと推定

F6ビザ所得基準(2022基準)

区分 2人 3人 4人 5人 6人 7人
収入 19,560,510 25,168,206 30,726,480 36,147,090 41,442,024 46,683,552

国際結婚の場合、多くの理由と理由があります。 愛には国境がないというが、一般人が理解しにくい珍しい事例が非常に多く、ビザ獲得のための偽の結婚の事例も非常に多いです。

特に年齢差が多い場合、交際期間が短い場合、結婚仲介業者を通じて紹介を受けた場合、インターネットで会って結婚前に一度も直接会ったことがない場合、外国人との結婚を何度もした場合など、外国人が韓国国籍を取得した後、再び外国人と結婚する場合など。

一般的でない結婚には厳格な審査が適用されると考えるべきです。

したがって、交際経緯と婚姻の真正性を立証する資料を用意して提出することが非常に重要です。 デート中に撮った写真、結婚式の写真、両方の家族との写真、SNSの会話履歴、通話履歴などを整理して提出する必要があります。 それでも疑いがある場合には、出入国事務所公務員が実際の家に訪問をして調査することもあります。

F6ビザは夫婦間のコミュニケーションを立証することも重要ですが、必ずしも韓国語でなくても外国語でもコミュニケーションが可能であることを立証すれば良いです。 一般的に立証書類を提出することになりますが、言葉は上手ですが、書くことができず、立証書類の提出が難しい場合、インタビューなどを通じて行う方法もあります。

結婚移民者(外国人)が韓国語でコミュニケーション可能(選択)

  1. 韓国語能力試験(TOPIK)1級証明書
  2. 社会統合プログラム(KIIP)2段階以上の履修証
  3. 指定教育機関で韓国語初級課程を履修したことを立証する履修証
  4. 結婚移民者が韓国語関連学位取得書類
  5. 外国国籍同胞で韓国語の駆使能力が消名された場合
  6. 韓国で過去1年以上連続して滞在した出入国記録

韓国人が外国語でコミュニケーションできる場合(選択)

  1. 韓国人が結婚移民者の母国語が共用で使用される国で過去1年以上居住した場合
  2. 韓国人が帰化者の場合で、全国籍国の言語が結婚移民者の母国語と同じ場合
  3. 韓国人と結婚移民が3国語が公用語として使われる国で過去1年以上連続して居住した場合
  1. 夫婦が海外で1年以上居住した場合(事実婚を除く)
  2. 夫婦間の子供がいる場合
  1. 最近5年以内に外国人と結婚していた人は申請制限
  2. 韓国人が婚姻帰化者で韓国国籍を取得した人であれば、国籍取得後3年が経過した場合に申請が可能です。
  3. 短期ビザ、不法滞在者、出国のための滞在期間延長許可者、一般刑事犯、G-1ビザ所持者は国内で申請不可

基本書類

  1. パスポートオリジナル、コピー
  2. 外国人登録証
  3. 外国人職業及び年間所得金額申告書
  4. 所得金額証明書、信用情報照会書
  5. 写真1枚
  6. 婚姻関係証明書
  7. 基本証明書
  8. 家族関係証明書
  9. 住民登録謄本
  10. 身元保証書の原本
  11. 賃貸借契約書
  12. 居住施設提供確認書
  13. 外国人配偶者招待状
  14. 外国人配偶者の結婚背景声明
  15. 外国人配偶者犯罪経歴証明書(アポスティーユまたは領事確認)
  16. 結核証明書(該当者)

必要に応じて追加書類

  1. 健康保険料納付確認書(所得立証時)
  2. 外国人配偶者招待人の家族所得現況陳述書(家族所得で立証時)
  3. お子様名の家族関係証明書または出生証明書(お子様がいる場合)

配偶者の国籍

  • 外国人配偶者の国籍が中国、ベトナム、フィリピン、カンボジア、モンゴル、ウズベキスタン、タイの場合、プログラムを履修しなければ結婚移民(F-6)ビザを発行することができます。 これは国際結婚の副作用を減らし、韓国文化と韓国生活適応に役立つためです。

履修対象国の場合

  • – 国際結婚案内プログラム履修証(発行日5年以内)
  • – 外国人配偶者の海外犯罪経歴証明書(3ヶ月以内に発行)
    – 婚姻当事者双方の健康診断書(6ヶ月以内に発行)

免除者

  • – 外国人配偶者の国で6ヶ月以上または第3国で留学、派遣、勤務、長期査証で滞在しながら交際事実を立証できる場合
  • – 外国人配偶者が国内で合法的に91日以上滞在
  • – 妊娠、出産など特別な理由がある場合
  • – 人道的な考慮が必要な場合、通話履歴書、人友保証書、写真、メールなどの資料すべてを提出

国際結婚ガイドプログラムを申請する

Privacy Preference Center

Necessary

Advertising

Analytics

Other