immikorea.com

F-5-27永住権滞在期間の要件

F-2-4ビザ発行後2年以上滞在

永住権所得要件

所得審査基準

  1. 家族所得の合計が可能:申請者、配偶者、親の申請者と同居する人の所得の合計が可能
  2. F-5永住権の申請の日の前年度1年間の所得を審査(前年の所得金額証明願に証明)
  3. 所得税を納付した所得のみ認め
  4. 所得基準:前年度1人当たりの国民総所得GNI約3740万ウォン(永住権の種類ごとに異なって適用)

社会統合プログラム(KIIP)5段階履修

提出書類(選択1)

韓国移民永住資格試験合格証(永住用総合評価)
韓国移民帰化適格試験合格証(帰化の総合評価)
社会統合プログラム5段階終了証明書(韓国移民永住資格のコース)
社会統合プログラム5段階終了証明書(韓国移民帰化適格過程)

犯罪歴の照会

大韓民国の法律をよく遵守していることを審査することで、韓国内の犯罪経歴はコンピュータ化された国内のシステムに審査して、外国の記録は、海外の犯罪経歴証明書を提出します。

海外犯罪記録

  • 難民申請前に海外滞在した期間があれば、該当国の犯罪経歴証明書提出

国内の犯罪記録(永住権の申請不可)

  1. 禁錮以上の刑を受けて執行が終了した日から5年が経過していない人
  2. 罰金刑を宣告されて納付した日から3年が経過していない人
  3. 出入国管理法第7条第1項又は4項に違反して5年が経過していない人
  4. 申請日前5年間出入国管理法を3回以上違反した人は、過怠料を除く
  5. 強制退去命令を受けて出国した日から7年が経過していないか、出国命令を受けて出国した日から5年が経過していない人
  6. 外国で脅迫、恐喝、詐欺、ボイスフィッシング、薬物犯罪に準ずる犯罪に刑を宣告受けたり、その他の犯罪に禁錮以上の刑を宣告されたという事実は、海外ボジュェ経歴証明書を使用して確認された人
  7. 最近3年間の出入国管理法に違反して、500万ウォン以上の罰金処分を受けたり、合算した罰金が700万ウォン以上の人

韓国永住権の特典

  1. 韓国で永久居住することができ、今後の国籍取得に容易です。
  2. 外国人登録ではなく、外国人住民登録が可能です。
  3. 中韓犯罪ではない場合、強制的に出国措置をかかない。
  4. 健康保険の利点を得ることができます。
  5. 国民年金加入が可能です
  6. ビザの延長は、10年に一度だけとなります。
  7. 地方選挙など限定的な選挙権を持つことができます

ビザ発給問い合わせ

コメントを残す

error: Content is protected !!