immikorea.com

F-5-15永住権:一般分野国内博士号所持者

国内大学院での正規課程を終えて博士号を取得した人(*取得予定者を除く)として、国内企業で1年以上在職した場合は、F-5-15永住権を申請することができます。 学位の専攻分野に関係がなく、一般的な永住権に最大の障害である社会統合プログラム(KIIP Program)も免除となります。 所得要件もGNIの1倍であるため、非常に高いレベルではない。

このような条件を見れば、韓国で博士号だけ取れば簡単に永住権を取得することができるでしょねだろうが、意外な障害があります。

必須条件

1.品行端正要件

  • – 禁錮以上の刑を受けて執行が終了した日から5年が経過していない人
  • – 罰金刑を宣告されて納付した日から3年が経過していない人
  • – 申請日前5年間出入国管理法を3回以上違反した人は、過怠料を除く
  • – 強制退去命令を受けて出国した日から7年が経過していないか、出国命令を受けて出国した日から5年が経過していない人
  • – 外国で脅迫、恐喝、詐欺、ボイスフィッシング、薬物犯罪に準ずる犯罪に刑を宣告受けたり、その他の犯罪に禁錮以上の刑を宣告されたという事実は、海外の犯罪経歴証明書を使用して確認された人
  • – 最近3年間の出入国管理法に違反して、500万ウォン以上の罰金処分を受けたり、合算した罰金が700万ウォン以上の人
  • 博士課程(D-2-4)等留学(D-2)の要件を具備した場合を意味し、国内大学院で所定の課程を履修していないまま、学位だけ取得する場合は、適用されない
  • 国内企業などで正規職に1年以上勤務中だ。 (過去勤務先の勤務期間合算可)

基本提出書類

  • 博士学位証のコピー*必要に応じて成績証明書などを追加要求が可能
  • 所属企業事業者登録証の写し、在職証明書
  • 4大保険事業の加入者のリスト、雇用契約書等の正規職かどうか確認書類

所得条件:GNI 1倍(約3,750万円)

社会統合プログラムKIIP:免除

海外の犯罪経歴証明書:免除

先端分野の海外博士号は、F-5-9を申請することができます

海外で博士号を取得した人に、F-5永住権の申請当時、国内企業された雇用された人が申請することができます。

必須条件

  • 先端技術分野で博士号を取得しなければならない(*取得予定者は除く)
  • 先端技術分野:産業発展法第5条に準拠しておりIT、技術経営、ナノ、デジタル電子、バイオ、輸送および機械、新素材、環境、エネルギーなどがある。 (専攻分野の確認が必要)
  • 国内企業の所持号に関連する分野の正規職に1年以上勤務中の(*過去勤務先の勤務期間合算可)

基本提出書類

  • 博士学位証のコピー*必要に応じて成績証明書などを追加要求が可能
  • 所属企業事業者登録証の写し、在職証明書
  • 4大保険事業の加入者のリスト、雇用契約書等の正規職かどうか確認書類

所得条件:GNI 1倍(約3,750万円)

社会統合プログラムKIIP :免除

海外の犯罪経歴証明書:免除

ハイコリア訪問予約

コメントを残す

error: Content is protected !!