immikorea.com
F-5-10学士、修士号取得者の永住権

F-5-10学士、修士号取得者の永住権の申請

F-5-10永住権の利点は、学士号、修士号だけでもサポートが可能です。 特に所得条件が韓国GNIの1倍低く策定されているという点です。 ほとんどの永住権所得要件が韓国GNIの2倍を必要とするかどうか、博士号以上とか、高スペックを要求するのに対し、条件が低い方に属します。 一つの困難な点は、社会統合プログラム5のステップを履修しなければならないということです。 社会統合プログラムを履修した場合、永住権獲得に非常に有利な条件です。

F-5-10永住権学歴条件

  1. 先端技術分野の海外学士学位証(先端技術分野:IT、技術経営、ナノ、デジタル電子、バイオ、輸送および機械、新素材、環境およびエネルギー)
  2. 国内の大学で正規の課程を終えた理工系学部学位証(先端技術分野ではない場合も含む)
  3. 国内の大学で正規の課程を終えたマスター学位証(理工系または先端技術分野でない場合も含む)
  4. 韓国産業人力管理公団が発行する技術士資格所持者

F-5-10永住権滞在期間の条件

  1. 申込日前の3年間、国内での滞在(完全に出国した過去の滞在期間は除く)
  2. 海外の学位または資格取得者は、その学位または資格で国内関連分野で勤務し続け滞在した期間が3年以上であること。
  3. 国内の学位取得者は、その学位を取得後、国内に継続して滞在した期間が3年以上であること

F-5-10永住勤務期間条件

申請日現在、国内企業に正社員として1年以上勤務中だ。 *勤務先が変更された場合、過去勤務先の勤務期間も合算可

  1. 学歴条件1,4番の場合、関連分野で働いてなければならない
  2. 国内の大学学位証を持っている人は、勤務分野制限なし。

F-5-10永住権所得および韓国語の要件

  1. 所得1人当たりのGNI以上(約3750万円以上)
  2. KIIP 5段階終了証明書または合格証の提出

F-5-10永住権国内の犯罪歴(永住権の申請不可)

  1. 禁錮以上の刑を受けて執行が終了した日から5年が経過していない人
  2. 罰金刑を宣告されて納付した日から3年が経過していない人
  3. 出入国管理法第7条第1項又は4項に違反して5年が経過していない人
  4. 申請日前5年間出入国管理法を3回以上違反した人は、過怠料を除く
  5. 強制退去命令を受けて出国した日から7年が経過していないか、出国命令を受けて出国した日から5年が経過していない人
  6. 外国で脅迫、恐喝、詐欺、ボイスフィッシング、薬物犯罪に準ずる犯罪に刑を宣告受けたり、その他の犯罪に禁錮以上の刑を宣告されたという事実は、海外ボジュェ経歴証明書を使用して確認された人
  7. 最近3年間の出入国管理法に違反して、500万ウォン以上の罰金処分を受けたり、合算した罰金が700万ウォン以上の人

F-5-10永住権の基本提出書類

  1. 統合申込書
  2. パスポートとパスポートのコピー
  3. 外国人登録証、外国人登録証のコピー
  4. 滞在先を証明する書類(賃貸借契約書、または登記簿謄本)
  5. 海外の犯罪経歴証明書
  6. 身元保証書
  7. 所得金額証明願
  8. 社会統合プログラム終了証明書(永住用総合評価合格証)
  9. 申請者の基本情報
  10. 学位証(アポスティーユまたは公証、認証)
  11. 在職中の会社の事業者登録証、在職証明書
  12. 4大保険加入者のリスト、雇用契約書など
  13. その他のサポートしている永住権の特性に合った追加書類

永住権27種類を見に行くし

お問い合わせ

コメントを残す

error: Content is protected !!