immikorea.com
F-3伴うビザ説明

F-3に伴うビザ招待対象者

文化芸術D-1からの特定の活動E-7までの在留資格に該当する外国人の配偶者と未成年の子供

技術の研修D-3を除く

  • – 留学(D-2)在留資格に該当する外国人の配偶者と未成年の子供は、在外公館査証発給対象である
  • – 留学(D-2)の保有者のうち専門学士、一般研修(D-4)所持者のうち語学研修生の配偶者と未成年の子供の場合、人道的事由に基づいて、在外公館発行対象である。 人道的理由は、かどうかは、在外公館確認

*電子査証発給対象

  • 電子査証制度と海外の優秀な人材と観光客誘致支援などのための査証発給手続きの簡素化の一環として教授、研究者などについて、在外公館を訪問せずにオンラインで査証の発給を受けることができる制度をいいます。 専門人材の仲間であれば、一定の要件の下で発行することができ、同伴資格審査基準に基づいて書類を送信し(現在はコロナにより中断した状態です)

F-3ビザ申請時の提出書類

招待の側に準備書類

  • – 査証発給認定申請書
  • – 招請者のパスポートのコピー、外国人登録証のコピー
  • – 招請者の在職証明書
  • – 納税事実証明または記者財政証明書類

被招待的な側面を準備書類

  • – パスポートのコピー
  • – 家族関係証明書類
  • 結婚証明書(配偶者)
  • 出生証明書(子供)
  • *中国の場合、追加書類
  • – 住民身分証明書テキスト、コピー
  • – 結婚証テキスト、コピー
  • – 戸口簿テキスト、コピー

審査に必要な場合補完書類を要求することができます

パスポート残存有効期間が6カ月以上必要があります

該当者に限り、在外公館の指定病院発行結核診断提出

ビザ問い合わせ

コメントを残す

error: Content is protected !!