immikorea.com
F-2-7

F-2-7点数制居住ビザは総得点80点の要件のみ合わせればサポートが可能なため、韓国語能力や社会統合プログラムKIIPを履修しなくてもサポートが可能です。 所得部分の配点が高く、所得が高い人が有利です。 年俸4000万ウォン以上の場合、滞在期間にかかわらず、すぐに対応が可能です。 韓国の大学卒業者や世界の500の大学に含まれる高学歴者も有利です。

F-2-7点数制居住ビザを取得すると、3年後に永住権を申請することができ、特定の会社に所属して働いていなくてもされ、事業も行うことができ、配偶者と子供も一緒にF-2-7ビザを取得することができています。

F-2-7ビザ申請可能なビザ:E-1〜E〜7、D-5〜D-9ビザ(E-6-2、E-7-4は除く)

許可要件

  1. 申し込み当時の在留資格で3年以上連続して合法滞在中のこと。
  2. 滞在期間3年免除要件
    1. 所得金額証明願上の年間所得金額が4000万ウォン以上の者
    2. 理工系海外人材誘致支援事業招待対象者に、中央行政機関の推薦を受けた場合
    3. 留学や就職ビザで加算することにより、3年以上合法滞在し、国内で正規の修士学位を取得した経歴がある場合(朝鮮戦争参戦国優秀な人材は、学士も可能)
  3. 申し込み当時保有しているビザの滞在延長要件を満たしたはず
  4. 点数制項目別合算点数が80点以上であること。
  5. 申請日前6ヶ月以内に、単純労務など就職した事実がないこと(事案に応じて許可するかどうかを決定)

申請対象:留学(D-2)または求職(D-10)の在留資格を持つ登録外国人

許可要件

  1. 申請日現在留学(D-2)または求職(D-10)の在留資格で3年以上連続して合法滞在中の
  2. 国内で正規の修士以上の学位を取得したこと。 (ただし韓国戦参戦優秀な人材は、学士号も可)
  3. 教授(E-1)から、特定の活動(E-7)までに、または取材(D-5)から貿易経営(D-9)まで職種に就職が確定したもの(E-6-2、E-7-4は除く)、韓国戦参戦優秀な人材は、未就業状態でも申し込み可能
  4. 申込日前3年以内の雇用制限の分野に就職した事実がないこと。
  5. 申請日の6ヶ月以内に、単純労務など職種に就職した事実がないこと

申請対象:コスピ、コスダックに上場された法人に就職しているか就職が確定した人

許可要件

  1. 韓国標準職業分類に応じた管理者(1)は、専門家および関連従事者(2)の職種に就職中または就業確定された人
  2. 申請日現在留学(D-2)または求職(D-10)の在留資格で3年以上連続して合法滞在中の
  3. 国内で正規の修士以上の学位を取得したこと。 (ただし韓国戦参戦優秀な人材は、学士号も可)
  4. 教授(E-1)から、特定の活動(E-7)までに、または取材(D-5)から貿易経営(D-9)まで職種に就職が確定したもの。 (E-6-2、E-7-4は除く)、韓国戦参戦優秀な人材は、未就業状態でも申し込み可能
  5. 申込日前3年以内の雇用制限の分野に就職した事実がないこと。
  6. 申請日の6ヶ月以内に、単純労務など職種に就職した事実がないこと

申請者が、F-2-7ビザ申請時の配偶者と子供も連れ申し込みが可能です。

  1. 同伴家族も、F-2-71を受けた後の就職が可能です。
  2. 次の場合は、国内で査証発給認定書を受けて在外公館では、F-2-71またはF-1ビザの資格を受け入れ入国しなければします。
    1. 申請者が短期滞在資格であるか、不法滞在者である場合
    2. 週滞在者が年間収入を米満たしている場合。 その他国内で資格変更がされていない場合など
  3. 滞留が許可対象であっても、配偶者が犯罪の要件など欠格事由がある場合、配偶者は許可されていない(国内滞在も不可)
  4. 主滞在の年間所得がGNI以上など生計を維持する能力が必要です。 収入がない場合、F-1ビザを取得します。

ハイコリア訪問予約

ハイコリア訪問予約
ハイコリア訪問予約

80点以上になると、F-2-7ビザの申請が可能です。 加点部分は重複チェックが可能です。

項目の説明

  • *学歴:学位証のみ認め(修了は除く)、系列問わず学位が2つ以上ある場合
  • *所得:最新の所得金額証明願に記載された最近の年の所得税の課税額を基準。 上場法人就業者は雇用契約書上の金額で年間所得算定可能。
  • *参戦国民:韓国戦参戦出身優秀な人材(政府の招待状学生)に、文部科学省、国家報勲処などの推薦公文書を受けた外国人
  • *優れた大学:タイムズ、QSなど認め、世界のトップ500大学出身者。 学士、修士、博士号の両方を取得時の最も高い加点を付与
  • *国内の大学:学士、修士、博士号の両方を取得時の最も高い加点を付与
  • *国内の社会奉仕活動:申込日の基準最近1〜3年以内に奉仕活動実績で各1年間、少なくとも6回以上参加して総50時間以上の活動時認識した。 ボランティア活動証明書は、www.1365.go.krまたは社会福祉ボランティア認証管理システムwww.vms.or.krで確認されている場合にのみ認めている。
  • *減点:罰金と罰金は3年以内に違反のみ評価する。 罰金刑は期間限定せずに評価

韓国滞在期間が5年を超えた場合、F-2-99居住ビザも可能です

ハイコリア訪問予約
ハイコリア訪問予約
F-2-7ビザ

コメントを残す

Privacy Preference Center

    Necessary

    Advertising

    Analytics

    Other

    error: Content is protected !!