immikorea.com
F-3伴うビザ説明

F-1の家族招待ビザ対象者や提出書類

結婚移民者訪問同居ビザの申請

1.結婚移民者の

  • – 結婚後、入国1年以内に招待可能。 滞在期間1年を可能に
  • 出産・子育て支援を目的に限り最長4年10ヶ月の範囲内で延長可能(子供が7歳になる年の3月まで)

2結婚移民者の家族(4親等以内の女の子1

  • – 親が死亡または65歳以上の高齢などの理由で出産・子育て支援が困難な場合、最長4年10ヶ月の範囲内で許容(子供が7歳になる年の3月に)

3. 人道的理由に招待可能な場合

  • – 結婚移民者やその配偶者が重度の疾患で長期入院や治療などで、通常の生活が困難に介護する家族が必要な場合
  • – 結婚移民者の子供が障害おり、彼の養育のために必要な場合
  • – 配偶者が死亡、離婚などで結婚移民者だけで子供を養育している場合
  • – 子供を3つ以上養育している結婚移民者家庭
  • – その他に準ずる人道的事由がある場合

4. F-1ビザの申請の提出書類

  • 申込書
  • パスポート、写真、手数料
  • 家族関係証明書
  • 婚姻関係証明書
  • 住民登録謄本
  • 子供名義の家族関係証明書
  • 身元保証書
  • 国内滞在中非就業誓約書
  • 結核検診書(結核高リスク国)
  • 妊娠診断書(該当する場合)
  • 病気診断書と入院確認書など人道的事由を証明する書類(該当する場合)
  • 親戚招請時には結婚移民者の両親の死亡診断書、疾病診断書など、親の支援を受けることができないことを立証する書類(該当する場合)

F-1ビザ – 同胞の配偶者と未成年の子供招待 –

  • H2、F-4ビザ所持者の配偶者と未成年の子供招待可能
  • 配偶者と未成年の子供が同胞身分がなくても、F-1ビザで招待可能
  • 外国人登録をした未成年の子供は父または母が継続して3年以上滞在している場合、25歳までの滞在延長可能。 婚姻した子供は除く

F-1ビザ – F-2ビザ所持者の配偶者または未成年の子供 –

その他の発行先

  • 1.出生当時は大韓民国の国籍を保有していた海外養子縁組
  • 2.大韓民国政府樹立以前に海外に移住した同胞1世
  • 3.在韓外国人公館の歌詞補助人
  • 4.外交(A-1)乃至協定(A-3)に該当する者の同居人としてその世代に属していない者
  • 5. SOFA該当者21歳以上の同伴の子供や他の子供たち
  • 6.居住(F-2)資格を持っている者の配偶者または未成年の子供
  • 7.大韓民国に住所を置いた大韓民国の国民として養育権を持つ父または母の扶養を受ける必要がある未成年者(親の一人は、韓国人であるが、子供は外国人の場合)
  • 8.その他やむを得ない事由により職業活動をせず大韓民国に長期滞在しなければならない理由があると認める者
  • – 結婚中断後の歌詞まとめ目的の場合
  • – 合法滞在者の国内出生子供がいる場合
  • – 難民認定者の配偶者、子供の場合
  • – 再入国許可期間を超えに居住資格喪失者

ビザ発給代行お問い合わせ

コメントを残す

error: Content is protected !!