Visa agency registered with the Ministry of Justice

Immikorea Administrative Office

010-3499-6649

contact us

Business Phone

+82-10-3499-6649

Contact time

Mon-Sat : 0900 - 1800

e-7-4 change to f-2-99
E-7-4 change to F-2-99

E-7-4の資格で5年以上滞在した場合は、F-2-99ビザを申請して見ることができます。 規定が非常にうるさい複雑に見えるが、意外に良い代替することができます。 

特にE-7-4ビザの場合、現実的に試してみることができる唯一の居住ビザです。 夫一人で就職活動をする場合、所得の条件を合わせるのがやや難しいことがあります。 しかし、夫婦の所得を合算することができる共働き家庭では良い選択することができます。      

雇用関連事項(家族を含む)

就職は直前の在留資格に該当する分野の活動をしなければならず、他の分野の就職活動をしようとするときは、活動の許可が必要です。

同伴家族(F-1、F-3)がF-2-99ビザを受けた後、就職活動をしようとする場合、許可対象就職活動を規定する指示に従って許可するかどうかを決定するが、その指示に別途規定がない場合、許可。

1. E-7-4資格取得後5年の国内滞留

2.資産/年収(二つだ満たす必要があります)

申請人と同じ住所で同居する家族の資産合算可(配偶者、子供、親)

(1)一人で滞在している場合

資産1,500万円以上/年収:最低賃金の18倍以上(約3280万ウォン)

(2)家族と滞在している場合

資産3,000万円以上/年収:GNI 1.5倍以上(約5610万ウォン)

3.基本的な素養の要件(選択1)

  1. 韓国で小中高卒業
  2. 大学、大学院、機能大学のいずれかを卒業
  3. 社会統合プログラム4段階以上の教育履修
  4. 中等学校入学資格検定試験や高校卒業の学歴ゲド合格
  5. 社会統合プログラムの事前評価で81点以上を取得
TAGGED IN : ,

Leave Comments

Privacy Preference Center

    Necessary

    Advertising

    Analytics

    Other

    error: Content is protected !!