Visa agency registered with the Ministry of Justice

Immikorea Administrative Office

010-3499-6649

contact us

Business Phone

+82-10-3499-6649

Contact time

Mon-Sat : 0900 - 1800

先端技術業種に従事する中小企業では、外国人の離職について心配しています。 熱心に教えておいたところ、給料は少し与える会社移動心配をされるでしょう。 実際に中小企業におられる方々は、国内専門人材の頻繁な転職に多くの困難を経験しが安定的に事業を期待して外国人労働者を選ぶ場合があります。

E-7ビザは会社の休業、廃業や賃金未払いなどの事由がない限り、ウォン雇用の同意なしに、実質的に会社を移すのは難しい。

ワン雇用者の同意なしに勤務先の変更になる難しく査証発給認定書の申請対象者となって本国に帰ったが、再ビザを受けて必要があります。

1.申告手続き

  • 申告事由発生日から15日以内に管轄の出入国事務所に申告(代理申告可)
  • 本人の責に帰すべき事由に解雇または中途退職した場合には、ワン雇用者の同意がなければ適用対象から除外。 (この場合、勤務先変更の許可又は査証発給認定書の申請対象者となる)

2.提出書類

  1. 勤務先の変更、追加申告書、パスポート、外国人登録証
  2. 雇用推薦書または雇用の必要性を立証する書類
  3. 雇用契約書
  4. ワン勤務先枚同意書(契約期間満了日、または勤務することに合意した日まで勤務の場合には、提出を面で、ワン勤務先の休廃業と賃金未払いなどの事由がある場合には、証明書類や事由に交換可能)

3.勤務先変更事前の許可対象職種

– 販売の事務員、シェフと調理師、デザイナー、ホテル受付事務員、医療コーディネーター、フォームの技術者、造船溶接技能工、根産業熟練技能工、一般メーカーと建設会社、濃縮漁業

コメントを残す

error: Content is protected !!