immikorea.com

2021-03-26BY Immikorea

E7비자 외국인채용을 위한 조건과 준비서류

E7のビザは、韓国企業の外国人専門人材を採用することができる代表的なビザです。会社の雇用分野と外国人の専門知識がマッチする必要があり、雇用推薦書と雇用理由書を使用して、これをよく立証することがビザ発給のカギです

最近、韓流の全世界的な広がりに示すように、韓国経済が急成長し、国家間の交流が活発になり、外国人雇用の需要が非常に増えています。

過去には貿易会社や輸出関連業種だけの通訳中心の外国人労働者が必要でした。 しかし、今韓国に居住する外国人を対象とする業種、医療観光など韓国観光に来る外国人を対象とする業種、また、ITなど先端産業分野で手頃な価格の賃金で国内の専門人材を見つけるのは難しい中小企業などでも外国の専門人材の需要が爆発的に増加する傾向にあります。

このような傾向に合わせて、企業の競争力強化のために、外国人専門人材を採用する際に必要なビザは、E-7ビザです。 E-7ビザは下記のように、雇用の分野と職種が決まっています。

実務では、雇用しようとする外国人の専攻が雇用職種にぴったり合わない場合が非常に多いのですが、最も関連性のある分野に合わせて雇用理由書をよく書くことがビザを発給受けるカギといたします。

ビザ分類職種
E-7-1専門人材管理者や専門家(67職種)
E-7-2準専門人材事務及びサービス従事者(9職種)
E-7-3一般的な機能人材機能員および関連機能従事者(6個職種)
E-7-4熟練技能人材(点数制) E-9職種(3職種)
E-7-91 FTA独立の専門家
  1. 導入職種と関連している分野の修士号所持
  2. 導入職種と関連している分野の学士号所持+ 1年以上の当該分野キャリア
  3. 導入職種と関連のある分野に5年以上の勤務経験

特別資格

  1. 世界500大企業に1年以上の専門職種勤務経歴
  2. 世界の優れた大学卒業(予定)の学士号の保有者(QS世界の大学500位以内の大学)
  3. 国内専門大学卒業(予定)者 – 専攻関連業種の就職の際の実務経験免除
  4. 国内の大学卒業(予定)学士保有者 – 専攻とは関係の実務経験免除
  5. 仕事の学習連携留学(D-2-7)資格卒業者は、国民の雇用率を適用免除
  6. KOTRA、中小企業振興公団推薦を受けた先端科学技術分野に優れた人材
  7. 仏推薦専門能力完備優秀な人材:年間保守がGNIの1.5倍以上であり、中央行政機関の推薦を受けた場合学歴キャリアすべて免除可能
  8. 高所得専門職優秀な人材:年間保守がGNIの3倍以上になる場合職種に関係なく学歴、経歴すべて免除可能(雇用推薦不要)
  9. 優れたプライベート機関研修修了者

1.国民雇用者が5人未満であり、内需中心の企業は、原則として制限(職種別の確認が必要)

2.外国人雇用の割合制限

原則として、国民雇用者の20%の範囲内で外国人の雇用を許可(会社内の外国人の従業員がすでにあるとき華僑、結婚移民、永住者は、外国人の雇用人員から除外するものF-2就労可能在留資格は、外国人の雇用人員を含め、比率の算定する)

韓国人の雇用証明は雇用保険加入者のリストに最低賃金を満たしている3ヶ月以上登載された人員をいう。 新設企業でも、韓国人の雇用の割合が適用される業種は、事業者登録日基準3ヶ月が経過した後の申請することを原則とする

ただし、主務省庁(KOTRA、韓国貿易協会)などの推薦がある場合、先端産業分野は、総国民労働者の50%の範囲内では、特殊な言語の地域対象優良輸出業者は、70%の範囲内で追加雇用を可能にする、独立した基準がある場合は、その基準を適用

3.最低賃金要件を満たさなければする

専門人材:前年度GNIの80%以上支給

その他の人材:最低賃金以上の支払い

4.雇用者が税金(国税、地方税)滞納の事実があってはならない

中央主務省庁の雇用推薦書と雇用理由書は、E-7ビザ発給において最も重要な準備書類とすることができます。

中央主務省庁の雇用推薦書は、すべての職種で提出する必要はありません必須提出職種は別途定められています(16職種)が、必須提出職種ではなく、あっても、雇用推薦状を発行受け取るビザ発給の成功率が高いため、時間的に余裕がある場合、受信があります。

雇用理由書(活用計画書)は、すべての業種で必要に提出します。 詳細については、下のボタンをクリックしてご覧ください。

E-7 비자 KOTRA 고용추천서 양식
KOTRAの外国人雇用推薦書公文書
E-7 비자 코트라 고용추천서첨부 문서
KOTRAの外国人雇用推薦書
E-7 비자 외국인 고용사유서 샘플
外国人雇用理由書のサンプル

1.採用対象者が海外にある場合

  • – 採用対象者の関連書類(アポスティーユ、公証認証が必要)+会社関連の書類を準備して管轄の出入国管理所に査証発給認定書の申請(家族連れ申し込み可能)
  • – 承認されると認定番号を外国人に送付
  • – 外国人は在外公館に所定の書類と一緒に提出
  • – ビザ発給が完了したら、韓国入国
  • – 90日以内に外国人登録

2.採用対象者が合法的滞在ビザで韓国にいる場合

  • – 採用対象者の関連書類(アポスティーユ、公証認証が必要)+会社関連の書類を準備して管轄の出入国管理所で在留資格の変更の申請
  • – 承認されると登録証再発行
  • – 家族招請は、外国人本国の韓国大使館や領事館に申請

E-7ビザは、安定職場生活のために配偶者と子供を招待することができます。 在外公館では、F-3ビザを発給受け、入国後、国内滞在が可能です。 滞在期間は週滞在の期間と同じです。 E-7ビザ発給時、査証発給認定申請を介して同伴入国も可能です

F-3ビザは就労が不可能で英会話講師など限定的な職種でのみ、いくつかの可能です。 関連の在留資格に変更する必要があります

外国人を外国から招待来るときは、基本的なキャリアなどを考慮して、ある程度検証された人材を招待します。 したがってインターンとして招待はありません。

しかし、国内の大学で修士・博士などを終えて国内に滞在している外国人専門人材を採用しようとするとき、多くの企業では、まずインターンとして採用して実力と靭性を検証した後に採用したい場合があります。

このような場合には、D-10(求職ビザ)でインターンとして採用した次の後日E-7ビザで正式採用することができます。

E-7ビザは休業や廃業、賃金未払いなどやむを得ない事情がない限り、ウォン、雇用者の同意なしに離職することはできません。

  • 統合申込書
  • 招待理由書
  • 雇用団体設立関連書類
  • 雇用契約書
  • 会社の売上実績を証明する書類
  • 納税証明書
  • 雇用保険被保険者の内訳
  • 雇用推薦書(必要に応じて)
  • 身元保証書
  • 各職種別別に定める書類
  • 外国人の資格要件を証明する書類
  • 学位証
  • 経歴証明書
  • 資格など
  • 家族招待時は結婚証明書、家族証明書

会社別、職種別提出書類が異なるので、追加の書類が加減されることがあります

採用しようとする業種が採用職種コードに存在しないかのような職種を選択して、E-7ビザを申請しなければなら事例が非常に多いです。 コードを誤って適用した場合、不許可の日だけでなく、同じ対象者と同じ会社に戻ってマッチさせて再申請する場合、ビザ発給の可能性が非常に低くなります。 したがって、最初にコードの選択を良いはずです。 これは非常に重要です

管理者:15職種=> E-7-1

1)経済利益団体の役員(S110)

2)企業の幹部(1120)

3)経営支援者(1212舊1202)

4)教育者(1312)

5)保険と金融管理(1320)

6)文化・芸術・デザインと映像関連管理者(1340)

7)情報通信関連管理(1350)

8)その他の専門サービスマネージャ(1390)

9)建設鉱山関連管理者(1411)

10)生産関連管理者(1413)

11)農林・漁業関連者(14901)

12)営業・販売関連管理者(1511)

13)輸送関連管理(1512)

14)宿泊・旅行・アミューズメントやスポーツ関連の管理者(1521)

15)食品サービス関連の管理者(1522)

専門家と関連従事者:52職種=> E-7-1

1)生命科学の専門家(2111)

2)自然科学の専門家(2112)

3)社会科学研究院(2122)

4)コンピュータのハードウェア技術者(2211)

5)通信工学技術者(2212)

6)コンピュータシステムの設計とアナリスト(2221)

7)システムソフトウェア開発者(2222)

8)アプリケーションソフトウェア開発者(2223)

9)Web開発者(2224舊2228)

10)データの専門家(2231舊2224)

11)ネットワークシステムの開発(2232舊2225)

12)情報セキュリティの専門家(2233舊2226)

13)建築家(2311)

14)建築工学技術者(2312-新設)

15)土木工学の専門家(2313舊2312)

16)造園技術者(2314舊2313)

17)都市交通関連の専門家(2315舊2314)

18)化学工学技術者(2321)

19)金属・材料工学技術者(2331)

20)電気工学の技術者(2341舊2351)

21)電子工学技術者(2342舊2352)

22)機械工学の技術者(2351舊2353)

23)プラントエンジニアリング技術者(23512舊23532)

24)ロボット工学の専門家(2352)

25)自動車・造船・航空機・鉄道車両工学の専門家(S2353)

26)産業安全とリスク専門家(2364)

27)環境工学技術者(2371舊2341)

28)ガス・エネルギー技術(2372舊9233)

29)繊維工学技術者(2392)

30)ジェドサ(2395舊2396)

31)看護師(2430)

32)大学講師(2512)

33)海外技術専門学校の技術講師(2543)

34)教育関連の専門家(2 5 91舊25919)

35)外国人学校・外国の教育機関・国際学校・英才学校などの教師(2599)

36)法律の専門家(261)

37)政府と行政の専門家(2620)

38)特殊機関、行政要員(S2620)

39)経営と診断の専門家(2715)

40)金融と保険の専門家(272)

41)商品企画の専門家(2731)

42)旅行商品の開発(2732)

43)広告と広報の専門家(2733)

44)調査の専門家(2734)

45)イベントプランナー(2735)

46)海外営業員(2742)

47)技術営業員(2743)

48)技術経営の専門家(S2743)

49)翻訳・通訳(2814)

50)アナウンサー(28331)

51)デザイナー(285)

52)映像関連デザイナー(S2855)

事務従事者:5職種=> E-7-2

1)免税店や済州英語教育都市内販売の事務員(31215)

2)航空輸送事務員(31264)

3)ホテル受付事務員(3922)

4)医療コーディネーター(S3922)

5)お客様相談事務員(3991)

サービス従事者:4職種=> E-7-2

1)輸送サービス従事者(431)

2)観光通訳案内員(43213)

3)カジノディーラー(43291)

4)シェフと調理師(441)

一般的な機能人材:6職種=> E-7-3

1)動物飼育係(61395)

2)フォームの技術者(6301)

3)ハラール食肉処理ウォン(7103)

4)楽器の製造およびチューナー(7303)

5)朝鮮の溶接工(7430)

6)航空機整備員(7521)

熟練技能人材点数制):3職種=> E-7-4

1)根産業熟練技能工(S740)

2)農林畜産漁業熟練機能(S610)

3)一般的なメーカーと建設会社の熟練技能工(S700)

하이코리아 방문예약 하기
出入国訪問予約申込

E7のビザの可能性 診断

error: Content is protected !!