immikorea.com
E-7ビザ発給の分野、ライフサイエンス分野の外国人採用

E-7ビザライフサイエンス分野の採用対象者の基本条件

E-7ビザで就労することができる生命科学の専門家は、生物学、医薬、食品、農業、林業などの分野で生命科学の理論と応用に関する研究を行う人を指します。

採用対象者一般要件(必須)

  • 職種と関連のある分野の修士以上の学位所持
  • – 職種と関連のある分野の学士以上の学位所持+ 1年以上の当該分野キャリアの所有者
  • – 職種と関連のある分野に5年以上の勤務経験(在職証明書認証公証が必要)

特別条件

  • – 世界500大企業に1年以上の専門職種勤務経歴
  • – 世界の200大大学の学士保有者
  • – 国内短大卒業者(専攻)
  • – 国内の大学の学士号保有者
  • – 主務省庁の雇用推薦を受けた先端科学技術分野に優れた人材

主に採用可能なメーカー

E-7ビザで外国人を採用することができる会社は、生命科学関連企業、食品メーカー、製薬会社、化粧品会社、医療機器メーカーなどがあります。 もっと職業群を広げてみると、次のような分野で採用することができます。 雇用 メーカーの業種と採用対象者の専攻がマッチする必要があります。

  • 生物学(植物学、生態学、細菌学、遺伝学)
  • 医学(解剖学、生化学、生理学、生物物理学、病理学)
  • 薬学(毒薬学)
  • 農学(農耕学、作物学、園芸)
  • 林業(臨床工学、森林学、土壌学)
  • 水産(淡水生物学、海洋生物学)
  • 食品学
  • 香り奨学
  • 医工学
  • 畜産(動物学)の専門家

採用手続き

E-7ビザで生命工学分野の外国人採用は雇用推薦書必須業種はありません。 しかし、関連省庁の雇用推薦書を受けることができれば、ビザ発給確率が高くなります。 通常は、出入国事務所で雇用活用計画書などを通じて審査を進行が、専門性が主務省庁より不足するため、雇用推薦書という形で委任をしています。 したがって、雇用推薦状を発行いた場合、ビザ発給の確率は90%以上とすることができます。  雇用推薦書発行には、通常2週間程度の時間がかかります。

雇用推薦発行主務省庁

  • 生物学:産業通商資源部長官(KOTRA)
  • 医学、薬学、食品学、お香奨学、医工学:保健福祉部長官(保健産業政策課)
  • 農学、林学、畜産:農林畜産食品部長官(経営人材と) – 独立要件を適用
  • 水産海洋水産部長官(フォーム産業と)
E-7ビザKOTRA雇用推薦フォーム

コメントを残す

error: Content is protected !!