immikorea.com

2022-03-02BY Immikorea

E-6 VISA

E-6ビザは韓国内で90日以上長期在住しながら、公演、映画撮影、芸能放送活動、作詞、作曲、画家、写真、ダンス、演奏、スポーツ(eスポーツを含む)、モデル、俳優など芸術活動と出演や参加活動を通じて興行活動に従事する芸術家、放送人、体育人に与えられる長期ビザです。

  1. 創作活動:作曲家、画家、彫刻家、工芸家、著作者、写真家
  2. アートリーダー:音楽、アート、文学、写真、演奏、ダンス、映画、体育
    • (例:プロとアマチュアスポーツ監督、オーケストラ指揮者)
  3. 収益のために個人または団体で芸能、演奏、演劇、運動などをする者。
    • (例:プロ&アマチュア、eスポーツ選手など)
  4. 扮長社及びマネージャー等同行する者を含む

E-6ビザの活動範囲

  1. 収益が伴う音楽、美術、文学などの芸術活動
  2. 収益を目的とした芸能、演奏、演劇、運動競技、広告、ファッションモデルなどで出演する興行活動

E-6ビザ区分

  1. E-6-1:音楽、美術、文学などの芸術、放送、芸能活動
  2. E-6-2:ホテル施設、ナイトライフでの公演
  3. E-6-3:選手、プロチーム監督、マネージャー

E-6ビザとC-4ビザの違い

E-6ビザは90日以上居住する場合に発行される長期ビザであり、C-4ビザは90日以下の短期就業ビザで短期間の文化、芸術、放送、スポーツ活動をするときに発行されるビザです。

C-4 Visa もっと見る(クリック)

E-6ビザは、申請者の活動分野に関連する中央省庁の雇用推薦書を最初に発行する必要があります。 その後、推薦書とともにビザ関連書類を用意して出入国事務所に提出すると、ビザ承認を受けます。

外国から招待する場合

雇用推薦書類の準備
->該当主務中央省庁雇用推薦書発行
->雇用推薦書を添付してビザ関連書類を提出
->出入国事務所ビザ審査
->許可時の査証認定番号の発行
->外国人本国の韓国領事館に査証認定番号でビザ発給申請
->韓国入国
->外国人登録証の発行

国内で資格を変更する場合

雇用推薦書類の準備
->該当主務中央省庁雇用推薦書発行
->雇用推薦書を添付してビザ関連書類を提出
->管轄出入国事務所ビザ審査
->外国人登録証の変更

E-6ビザは、活動分野によって雇用推薦書の発行を受ける行政機関がそれぞれ異なり、要求される書類も異なります。 また、申請者の資格要件に関連する書類も必要です。

  1. 文化体育観光部:歌手、俳優、モデル、eスポーツ
  2. 映像物等級委員会:公演法規定による公演、ホテル、ナイトライフ公演
  3. 放送通信委員会:地上波放送出演
  4. 科学技術情報通信部:ケーブル、iptv放送出演
  1. 査証発行認定書または統合申請書
  2. 招待されたパスポートのコピー
  3. 写真1枚
  4. 資格証明書、キャリア証明書
  5. 未成年者の場合、法定代理人同意書
  6. 事業者登録証
  7. 雇用契約書のコピー
  8. 活動分野に応じた資格要件を備えた書類
  9. その主務省の雇用推薦書
  10. 身元保証書
*活動分野に応じて追加書類提出が必要

勤労契約期間延長、勤務先変更などで継続して滞在する必要性があるE-6資格登録外国人に対して滞在期間延長申請ができます。 滞在期間延長時には雇用推薦書を新たに発行し、前年度活動実績などの書類を提出しなければなりません。

  1. 許可期間:通常、労働契約期間+ 1ヶ月
  2. 提出書類
    • 申請書、パスポート、外国人登録証、手数料
    • 雇用推薦書または公演推薦書
    • 雇用契約書
    • 事業者登録証の写し
    • 滞在先を証明する書類
    • 提出した活動計画書の写し
    • 活動実績報告書
    • その他の審査に必要な書類(在職証明書、外国人雇用現況、勤労所得源泉徴収部など)

error: Content is protected !!