immikorea.com
D8投資ビザ

D8ビザ投資ビザは、簡単に話して外国人が韓国で事業をする場合に発行されるビザです。

法務省は、企業のグローバリゼーションと優れた技術力を備えた外国人優秀人材誘致のために外国人投資を積極的に許可するというが、実際には最も手続きが複雑であるだけでなく、ビザ審査を厳しくして時間もかかるビザがD8投資ビザです。

D8ビザ投資ビザには、投資金の有無、投資者の資格、投資対象などに応じて、以下の4種類があります。 一般的に投資ビザといえば、韓国に法人会社を設立するD-8-1ビザを意味します。 この記事では、D-8-1ビザについて重点的に説明します。 他のタイプは下の緑色のボタンをクリックしてください

D8ビザ投資ビザ申請者の最も一般的なタイプは、個人が直接外国からお金を送金して韓国に法人会社を設立し、代表取締役として個人事業をする場合です。 このような場合、1億ウォン以上の資本金を投資すれば可能だが、送金方式、資金源、事業場の現状、投資家の関連事業経歴、事業の真正性など非常に厳しい審査を行います。 投資額が3億ウォン以上であれば少し難しいですが、それ以下の場合、実際の出入国公務員が事業場を訪問して現場を調査することも多く、審査期間も2ヶ月からさらに6ヶ月までかかる場合もあります。

D8ビザ投資ビザ申請者の別のタイプは、外国の法人会社が韓国に投資して法人会社を設立し、役員、上級管理者、専門家を派遣することです。 投資金1億当たり1人を派遣することができ、役員を除き、他の専門人材に対しては厳しい書類手続きを経なければなりません。

基本要件

  1. 投資対象が大韓民国法人であること。
  2. 投資金額が1億ウォン以上で投資した法人の議決権ある株式総数の100分の10以上を所有するか、法人の株式等を所有し、役員派遣、選任契約等を締結

D8ビザ投資ビザは、韓国の国内銀行に外国人投資申告と口座を開設することから始まります。 すべての業務は委任状を通じて代理店で代行が可能です。

外国人投資申告
⇒外国人投資資金の送金
⇒会社設立登記
⇒事業者登録と法人設立申告
⇒納入資本金の法人口座振替
⇒外国人投資企業登録
⇒D-8ビザ発給
d8비자 외국인투자기업등록증명서

D8ビザ投資ビザを申請するために多くの費用をかけて事前に海外送金、韓国内法人設立、事業場セッティングなどをすることになります。 しかし、次の手順を間違えた場合、ビザが不許可になるだけでなく、その間の費用が水泡になり、再び最初から準備をしなければならない嚢胞を見ることができます。

  1. 送金者名義
    • – 投資ビザの場合、送金者は本人、妻、未成年のお子様の名前でのみ送金をしなければなりません。 両親や兄弟の名前で送金する場合、最近は投資金として認められません。 各国ごとに年間海外送金の限度が定められているので、困る部分です。
  2. 資金源
    • – たまに両親にお金をもらったり、知人にお金を貸して投資をする方もいます。 このような場合、各種通帳入出金記録、贈与記録などを通じて資金が正当に形成された出所を非常に厳しく審査することになります。 立証ができない場合は不許可の事由となりますので、必ず事前に専門家とご相談の上決定してください。
  3. 事業の真正性
    • – ただ韓国に滞在する目的で投資ビザを申請するかどうかについて厳しい審査があります。 そのためには、申請者の関連事業経歴、事業場の準備完了度、事業計画書などについて多くの立証資料を用意しなければなりません。

D8ビザ投資ビザは準備すべき書類の種類も多いが、コア審査基準を満たさないと不許可になることがあります。 また、不許可の場合は、莫大な時間とお金を損なうため、必ず多くの経験を持つ専門家と一緒にすることをお勧めします。

D-8-1ビザ申請書類

  1. 申請書、パスポート、写真
  2. 外国人投資申告書のコピー
  3. 外国人投資企業登録証
  4. 事業者登録証
  5. 法人登記事項全部証明書
  6. 株主の変動状況明細書ソース
  7. 投資資金の導入に関連証明書類
  8. 駐在活動の場合、派遣命令書または在職証明書

投資金額3億以下の場合、追加提出書類

  1. 資本金の使用内訳を証明する書類(物品購入の領収書、オフィスのインテリアコスト、国内の銀行口座入出金明細など)
  2. 事業所の存在を証明する書類(オフィス賃貸借契約書、事業者の景色、オフィススペース、看板の写真など)
  3. 当該業種や分野のビジネス経験関連書類(必要に応じて)
  1. 統合申込書
  2. 結核検診票(必要)
  3. パスポートと外国人登録証
  4. 事業者登録証の写し
  5. 3ヶ月以内に法人登記事項全部証明書
  6. 営業実績(輸出入実績など)
    • – 納付内訳証明(法人税、勤労所得税を含む)
    • – 輸出申告必証(輸出入面長)
    • – 付加価値税課税標準証明
    • – 輸出代金回収証明書類(通帳口座入出金内訳書)
    • – 決算書のうち損益計算書
  7. 個人納税事実証明員または勤労所得源泉徴収領収書
  8. 職業年間所得金額申告書
  9. 滞在地証明書のコピー
  10. 事務所賃貸借契約書の写し
  11. 法人通帳および法人通帳取引内訳の写し

D8ビザ投資ビザお問い合わせ

コメントを残す

error: Content is protected !!