immikorea.com

D-6の宗教ビザ発給対象者

D-6宗教ビザの要件と書類

D-6の宗教ビザは国内の宗教団体や外国の宗教団体が韓国で転倒活動、布教活動、社会福祉ファルドンルルするために外国人の司祭、宣教師、伝道師、牧師、僧侶などを招待するときに発行されるビザです。

  1. 外国の宗教団体、社会福祉団体から派遣され、国内に登録された支部に勤務する人
  2. 外国の宗教団体、社会福祉団体から派遣され、国内の関連宗教団体で宗教活動をしようとする人
  3. 国内の宗教団体の推薦を受けて、その宗教団体でもでき、スイレン、研究活動をしようとする人
  4. 国内の宗教団体、社会福祉団体から招待されて、社会福祉活動のみ従事する者

D-6の宗教ビザ時の留意事項

  1. 必ず終端や教団の次元の派遣命令書が必要です。 単位教会牧師などは招待者になることができません。
  2. 国内滞在中のビザの変更はほとんど不可能です。 外国でビザを受けて点灯します
    • – 韓国の出入国事務所でビザ発給承認を受けた後、外国大使館でビザを受けて点灯します。
    • – ドイツ、カナダ例外
  3. 招待者は、宗教者としての身分確認書が必要です。
  4. 教会に就職をするとかすればならないし、収益のための活動をしないでください。

主な提出書類

  1. 査証発給認定申請書、パスポートのコピー、写真1枚
  2. 招待理由書
  3. 派遣命令書:終端(教団)発行
  4. 宗教団体設立許可書または社会福祉団体設立許可書
  5. 事業者登録証または固有ボンホジュンコピー:宗教団体招請の場合終端(教団)と単位宗教団体の両方の提出
  6. 所属団体の滞在経費支援関連書類
  7. 事業者登録証または固有ボンホジュンコピー
  8. 賃貸借契約書など
  9. *招待状況に応じて書類が異なって適用されて加減することができます。

D-6ビザの所有者が可能な番外活動

  1. 小中高大学に通うことができている
  2. 同僚や社会奉仕次元の会話指導を行うことができている
  3. 同じ宗教財団で、D-6宗教ビザ< – >E-1教授ビザ相互活動可能

コメントを残す

error: Content is protected !!