immikorea.com
d-4-3visa

D-4-3留学ビザ

大韓民国の高校以下の教育機関に留学を読み込む場合、D-4-3ビザを受け取ります。 保護者として、親1人同伴入国も可能です。 高校寮入所時には学生だけでは留学も可能です。

対象学校

  1. 小中等教育法による小学校、中学校、高等学校(公民学校、高等公民学校、放送通信中高校、高等技術学校は除く)
  2. 外国人学校
  3. 経済自由区域及び済州国際自由都市外国教育機関設立運営に関する特別法による外国教育機関

対象者

  1. 政府教育機関または公共機関の招待外国人留学生 – 上記教育機関で事前入学許可を受けて入学予定や在学中の外国人留学生として滞在費などの要件を備え、指定された後見人がいる者。
  2. 自費負担 外国人留学生 – 慈悲留学の場合、外国人学校、国際学校、私立学校を原則とし、国民の義務教育を担当する国公立学校小学校、中学校は学校長の招待状がなければならない。

保護者制度

留学生が未成年者であるため、世話をする保護者制度があります。 保護者は、一定の財務能力を備えなければならあり後見人1人当たり後見可能留学生は2人以内に制限されます。

  1. 保護者の資格
    1. 国内滞在中の大韓民国国民
    2. 外国人登録をした国内長期滞在ビザ所持者
    3. 同伴入国する留学生の親
  2. 保護者の財政能力を証明する
    1. 年間所得GNI1倍(3,750万ウォン)以上または2億以上の資産(本人、配偶者合算可能)
    2. 国内外の政府機関や銀行が発行した源泉徴収領収書、不動産所有の証明、不動産取引契約書、1ヶ月以上継続預け入れされた預金残高証明書などで証明
  3. 保護者が免除される場合:高校儒学者で寮入所者(校長確認書が必要)
  4. 留学生が国内に親や親戚があって訪問同居F-1ビザ、または同伴F-3ビザの資格に該当する場合は、D-4-3ビザの対象ではない。

D-4-3準備書類

  1. 査証発給申請書/パスポート写真
  2. この学校事業者登録証(または固有ボンホジュン)のコピー
  3. 後見保証書:親が保護者になる場合にも、後見保証書を作成
  4. 保護者の財政能力を証明する書類
  5. パスポートのコピー
  6. 入学許可書
  7. 最終学歴証明書類原本(在学証明書または卒業証明書)
  8. 学費内訳を確認できる資料(授業料、寮費、入学金など留学関連費用一切を確認できる学校公文や募集要項など)
  9. 滞在費を証明する書類(学費+ 1年間の生活費)
    1. 学費納入証明書(授業料、寮費、入学金など留学関連費用一切)
    2. 1年間の生活費と滞在費(1ヶ月以上続い預けた銀行残高証明書、1人基準ハンファ950万ウォン相当、親1人同伴時ハンファ1,900万ウォン相当の追加が必要)
  10. 家族関係を証明する書類
    1. – 親の英語文分かる資料添付しなければならない(日本語翻訳版の英文氏名記載、パスポートの写し添付など)
    2. 親が、現在不法滞在している場合、ビザ発給制限

その他の事項

  1. 提出書類の関連
    1. 提出書類は、元の審査原則(コピーと規定されている場合を除く)
    2. 外国語で作成された書類は、訳文付、訳文添付時、翻訳者確認書のように提出
  2. 中、高校の技術教育中心の学校(実業界高等学校、特別目的高校:マイスター校など、特性化高校:アニメーションと、調理科学高校、デザインし、観光し、漢方特性化高校など)である場合書類持参のうえ来訪してください。
  3. 代理人申請時:委任状、代理人在職証明書、代理人の身分証明書のコピーが必要
  4. 審査に必要な場合代理申請が制限され、補完書類を要求することができます
  5. 在外公館に査証発給申請の際には、パスポートの残り有効機関が6ヶ月以上の場合受付可能です
  6. 在外公館査証申請時:該当者に限り、在外公館の指定病院発行結核診断提出
  7. 次の国の国民は、自費負担留学生のみ査証発給認定書の発給対象である
    1. 中国、フィリピン、インドネシア、ウクライナ、ベトナム、モンゴル、タイ、パキスタン、スリランカ、インド、ミャンマー、ネパール、イラン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギスタン、ウクライナ、ナイジェリア、ガーナ、エジプト、ペルー

コメントを残す

error: Content is protected !!