immikorea.com
C-4-5ビザ外国人短期出張、派遣、請負契約のためのビザ
C-4ビザ発給要件について調べてみよう

C-4ビザは輸入機械などの設置、保守、造船、産業機器製作、監督などの各種役務提供契約、購入契約は、事業の受注契約等により、国内に派遣され、国内のボール、社機関から滞在費など保水性経費を支給受け勤務しようとする場合。 また、社の機関との契約による直接の活動をしようとする場合などC-4-5短期就労ビザを受けて入国します。

もし保水性経費を国内ではなく、海外からの支払い受けても、実質的なサービスを提供したり、実質的な業務を行う場合でも、短期就労ビザを受けて入国することができます。 ただし、単純労務業種は資格がありません。

もし保水性経費や対価性がない場合C-3-4短期商用ビザで入国が可能です。

C-4ビザ発給時下記の書類を準備して招請対象外国人が居住する国の大韓民国

大使館や領事館に提出します。

C-4ビザの提出書類

  1. 査証発給申請書
  2. パスポート
  3. 写真
  4. 用役契約または購入契約書、事業の受注契約書の写し
  5. 派遣命令書または出張命令書
  6. 招待対象外国人の業務に関連する資格、履歴書
  7. 招待会社の事業者登録証
  8. 滞在先を証明する書類
  9. 取引実績立証資料
  10. 国内調達が困難な技術であるか疎明資料
  11. 最近コロナにより健康確認書、隔離同意書、航空機搭乗前72時間以内に発行されたPCRエネルギー省(隔離免除は省略可能)
C-4ビザの提出書類派遣命令書
派遣命令書
C-4ビザ招待時の招待状のサンプル
招待状のサンプル
C-4ビザ招待時役務契約
用役契約英語翻訳が必要
上記の書類をすべて提出することはなく、状況に合わせて選別して提出します。
原則としてC-4ビザは滞在期間が90日が決まっているので、コロナ隔離期間を除けば、活動期間が短いことがあります。 だから、多くの企業では、隔離免除を一緒に申請する場合があります。
隔離免除は、契約をする必要があり、緊急の状況であるか、会社の利益に大きな影響を与える場合、または会社の役員のみ承認されるため、厳しい検証を経て、日常的な業務である場合には、不許可になる可能性があります。

コロナ絶縁免除をご覧ください:企業出入国総合支援センター

#C-4ビザは基本的に招待対象者の韓国大使館や領事館でビザの発給を受け、入国する必要があり査証発給提出書類は国別の状況に応じて異なる場合があります。

2. C-4ビザ:英語キャンプなどで90日以下の会話指導活動をする人

生涯教育施設などの登録された位置を外れた施設でキャンプを運営するために、外国人講師を招いている場合には、査証発給ができません。

生涯教育施設が申告されていない場所でレッスンをするようになると教習所設立、運営申告などの違反となり小中学生を対象に指導をする学校教科指導塾に登録をせずにレッスンをする場合も学園法に違反されて査証発給が許されます。

<提出書類 >

  1. 査証発給申請書(写真付)
  2. パスポート、手数料
  3. 学位関連検証書類
  4. 犯罪経歴証明書(アポスティーユ確認)
  5. 雇用契約書
  6. 事業者登録証、法人登記簿謄本または教育機関の設立関係書類
  7. 生涯教育施設登録証など生涯教育施設届出受理。指定書類/英語キャンプ運営日程と講義スケジュール(当該外国人の参加時間表記)
  8. 学位関連の検証書類はⅰ)学位証のコピー(アポスティーユ確認)、ⅱ)当該大学で発行した学位取得証明書(アポスティーユ確認)、ⅲ)学位取得の事実が記載された卒業証明書(アポスティーユ確認)の択一可能
#提出書類は、状況別、国別異なる場合があります。
基本書類はハイコリア苦情書式からダウンロード頂きましたらされます。

3. C-4ビザ:公演、広告、ファッションモデルなどの就職活動をする者、賞金とは別に滞在費を上回る報酬や手当などを受けたり、受けることにし、運動競技、囲碁の試合、歌謡コンテストなどに参加する人

公演法による公演

  1. 査証発給申請書(写真付)、パスポート、手数料
  2. 映像物等級委員会の公演推薦書(推薦除外公演は免除)
  3. 公演計画書*(推薦除外公演)国。地方自治体。招待公演、宗教的な儀式。親睦や研究発表の目的公演、公益法人招待社会一般の利益貢献を目的公演(公演法第6条第2項、同施行令5条)

観光振興法によるホテル業施設、遊興業店などで公演や活動

  1. 査証発給申請書(写真付)、パスポート、手数料
  2. 映像物等級委員会の公演推薦書**観光店での演奏、歌謡、アクロバット、マジックの公演推薦は在韓米8軍領内クラブ、観光振興法3級以上観光ホテル、観光遊覧船、休養コンドミニアム、観光劇場遊興業、外国人専用の飲食店、国際会議施設の付帯施設」を除いて、お勧めしません – ただし、観光業者の公演法令の規定により登録された会場(例えば、ウォーカーヒルホテル、釜山ロッテホテルなど)でのパレード。ショー。ミュージカルなど歌舞的要素を備えた公演と遊園施設(例えば、エバーランド、ロッテワールド、ソウルランドなど)および国際会議施設の付帯設備(コエックス。ベクスコなどの貿易展示場やロッテハイアットなど一流ホテル)での「歌舞」も公演おすすめ
  3. 芸能活動計画書
  4. 資格証明書または経歴証明書
  5. 身元保証書

運動競技、囲碁の試合、歌謡コンテストなど参加

  1. 査証発給申請書(写真付)、パスポート、手数料
  2. 主催側が発行した招待状や参加確認書
  3. イベント参加時に支給される報酬や手当などが記載されている契約書など(招待状などにその内容が記載されている場合、提出を省略)

それ以外の場合

  1. 査証発給申請書(写真付)、パスポート、手数料
  2. 所管中央行政機関の長、雇用推薦書など

*広告。ファッションモデル(文化体育観光部長官の雇用推薦書)、放送出演者(未来創造科学部の雇用推薦書)

雇用推薦書をご覧ください。

4. C-4ビザ:専門大学以上の教育機関などで通常の滞在費を超える収益が発生する契約に基づいて90日以下短期間講義、研究などの活動をしている人(大学教員や関連分野の専門家など)

*講義などの活動で、通常の滞在費を超える収入(報酬等)が発生しなければならず、大学間学術交流などの次元で、別の報酬の支払いなしに往復航空券と寝食提供などの利便性を提供のみ受ける場合には、短期訪問(C-3)資格に該当

<提出書類>

  1. 査証発給申請書(写真付)、パスポート、手数料
  2. 雇用(講義した。講演)契約または授業料の額など、収益金額が記載されている招待状(査証発給協力要請文書)
  3. 申請者の学位証のコピーと在職証明書
  4. 招待教育機関などの設立関連書類(事業者登録証のコピー又は法人登記事項全部証明書等)

雇用契約に基づく就労活動ではなく、招待による1回講義、講演、コンサルティング活動などの場合には、上記の条件の下で、短期就労ビザではなく、短期滞在資格B-1(査証免除)、B-2(観光通過) 、C-3(短期訪問)の所有者も可能です

5. C-4ビザの滞在期間の延長

  1. 原則として90日を超えは不可能
  2. しかし、出国する航空券がない場合、または他やむを得ない事由がある場合、出国のための在留期間延長許可が可能です。

6. C-4ビザ勤務先の変更

  1. 短期就業C-4ビザ所持者の勤務先の変更、追加の許可権限を青(事務所、出張所)長に委任
  2. 勤務先の変更時に、主務省庁枚雇用推薦書不要(ただしE-1からE-7に該当する活動中の雇用推薦書が必要になっている業種は、雇用推薦書徴求) – パスポートの勤務先変更の許可印を押して変更された勤務先と滞在期間を敵か、短期就労資格勤務先変更許可シール付
  3. 勤務先の追加時に勤務先を追加回数制限なし – 所属事務所の指示に従って、E-6-1資格に該当する公演をするために公演場所を変更する場合、別の許可や届出の手続きなしに活動可能。 E-6-2に該当する活動は、雇用者の変動申告が必要
  4. 短期査証発給時許可された範囲ではなく、他の活動のための勤務先変更の申請時の活動相互の関連性が高く、その活動に必要な資格を持った場合事務所、出張所長の変更を許可(例えば、E-6-3契約終了後公演企画会社や広告主などと契約を結んで放送出演、歌手、モデル活動をしている場合)
  5. 申請書類 – 申込書、パスポート、料金、雇用契約書、会社設立関連書類、雇用推薦書(該当者)、その他当該分野証明書類等
ハイコリア訪問予約
関連書類をダウンロード

お問い合わせ

コメントを残す

error: Content is protected !!