Visa agency registered with the Ministry of Justice

Immikorea Administrative Office

010-3499-6649

contact us

Business Phone

+82-10-3499-6649

Contact time

Mon-Sat : 0900 - 1800

F6 이혼
F-6 Extension after divorce

結婚生活を維持している場合があるビザはF-6-1ビザです。 しかし、離婚をすることになると離婚の理由に基づいて、F-6-2、またはF-6-3ビザに変更されます。

離婚後初のF-6ビザの延長が非常に重要なのですが滞在許可事由がない場合は、ビザの延長を拒否される可能性があるからです。 特に韓国人配偶者との間に生まれた子供がいない場合に当てはまります。 この場合には、離婚前にコントラストをよくする必要があります。

最初の延長が許可されると、以降、簡単な手続きで継続延長が可能です

1. F-6-1ビザ:分離、離婚訴訟中滞在許可

F-6-1ビザで滞在している外国人が韓国人配偶者と別居している場合でも、F-6ビザの延長が可能です。 別居と婚姻状態を維持しているが、長期間のカップルが一緒に住んでいないことを意味するんですがこの場合の分離の理由を立証することが重要です。

韓国人配偶者と離婚訴訟が進行中の場合でも、F-6ビザの延長が可能なのですが、訴訟進行中または控訴している場合を含みます

2. F-6-2ビザ:未成年の子供を育てる目的で滞在許可

韓国人と婚姻関係(事実上の婚姻関係を含む)で出生した未成年の子供を国内で育てたり、養育する父又は母として、離婚の際親権を持ったり、子供の面接交渉権を持てばされます。

韓国人の配偶者ではなく、元配偶者との間に生まれた子供を養育している場合には、該当事項がありません。 韓国人との間に生まれた子供だけが滞在許可の対象となります。

子育てを証明する書類としては、ヤンユクグォンジャ指定または面会指定に関する裁判所の判決文を提出するとされ、事実婚関係の場合には、他の出生証明書、遺伝子検査確認書等を提出しなければならない

F-6-2ビザの滞在許可期間は、未成年の子供が成人になるまでです。

2021年1月28日から、「子供が成年になった子供の養育者 “の居住ビザ(F-2-15)が新設されました。 したがって、子供が大人になってもビザを変更して続行韓国に滞在することができます。

3. F-6-3ビザ:死亡、行方不明、離婚による滞留許可

韓国人と婚姻した状態での滞在していたの配偶者の死亡、行方不明その他自分に責任がない事由通常婚姻関係を維持することができない外国人に対して、F-6-3ビザで延長することができます。

死亡、行方不明の場合には、死亡届、裁判所の失踪宣告書を提出します。

韓国人配偶者との間に生まれた子供のいない状態で離婚する場合、ビザの延長が非常に困難である。 結婚生活の特性上、相手の帰責事由を証明することが容易ではない。 突然離婚を決定し、証拠を収集することは不可能です。 したがって、離婚前に準備する必要があります。 これらのことは、専門家の助けを行って下さい。

相手の配偶者の帰責事由を証明する書類

韓国人の配偶者の家出、暴力、家庭不和など、国民の配偶者の主な帰責事由婚姻が断絶されたことを証明する書類(例:国民の配偶者の家出申告書、配偶者の暴行などによる病院の診断書、検察の不起訴決定文、公認された女性関連団体確認書、国民の配偶者の4村以内の親戚の確認書、婚姻関係が中断されたとき居住していた通(班長)の確認書等)

4. F-1-6ビザ:協議離婚後の歌詞まとめのための滞在許可

離婚によりビザの延長不許可を受けた場合、最終的に申請することができるビザです。 賃貸保証金や事業などを整理できるように時間を与えることです。 通常6ヶ月〜1年の滞在期間を付与します。 この期間中に会社で仕事をすることはできません。

離婚を考えた場合、 あらかじめ準備してください

immikoreaは離婚前の裁判で有利な帰責事由証明に関するアドバイスをさせていただき

コメントを残す

error: Content is protected !!