immikorea.com
Acquisition of nationality after divorce
Acquisition of nationality after divorce

離婚後の国籍取得における最も困難な点は、相手の帰責事由を証明するものです。 婚姻関係断絶を証明する書類をよく準備することがカギです。

1.帰化許可申請書:すべての記載事項を記入し、写真を貼り付けます

2.婚姻関係中断事由書

– 韓国人の配偶者に会った経緯(どこでどのように、韓国で結婚式を挙行したかどうか)

– 韓国入国の経緯(いつ、どのように入国)

– 現在の居住場所(配偶者との同居するかどうか)

– 生活手段と今後の計画(配偶者と自分の職業など)

– 韓国の配偶者の家族と交流するかどうかなど

– 婚姻中断または破綻事由(不法滞在者は不法滞在になった理由の説明)

3.外国のパスポート原本とコピー

4.外国人登録証の原本とコピー

5.外国での身分証明書の原本とコピー(中国は住民身分証明書、戸口簿原本とコピー)

6.離婚の事実が記載された韓国人元配偶者との婚姻関係証明書(詳細)

1.婚姻関係が中断(離婚または別居)された場合は、次のうちの1つ以上の提出

– 判決文、離婚調停決定文(正式裁判ではなく、調整または和解を通じた離婚は配偶者暴行、事件など、別の具体的立証資料の提出)

– 韓国人配偶者の暴行などを告訴して受信検察の不起訴決定文(起訴猶予または公訴権なし)

– 診断書(配偶者の暴行内容記載のもの)、傷の写真など

– 韓国人配偶者の家出申告書等(警察照会結果、特定の居住地に居住することが明らかになると除く)

– 親戚や周辺知人の確認書(婚姻関係中断の原因が具体的に記述する必要がある、韓国人の配偶者の4親等以内の親族または婚姻関係が中断された当時の居住地トンバンジャンが作成した確認書など)

– 公認された女性団体の作成婚姻破綻確認書など、上記の各項目に準ずる書類

2.子育て時

(1)必要な提出:子供の基本的な証明書、家族関係証明書、申請人の婚姻関係証明書(詳細)

(2)子供を養育しているか、養育しなければならないという判決などの証明書類

以下の内容のうち選択1

  1. 3千万ウォン以上の金融資産(預金、積立金、証券など)証明書類ソース 
  2. 公示地価3千万ウォン以上に該当する不動産登記事項証明書の原本や賃貸借契約書
  3. 在職証明書原本(事業者登録証のコピー添付)または就業予定事実証明書の原本(事業者登録証のコピー添付)
  4. そのほか、1〜3までの該当すると法務部長官が認める書類

1.筆記試験

  1. 社会統合プログラム(KIIP)帰化の総合評価のスケジュールの中で本人が希望する日付を選択して受験
  2. 帰化許可申請から1年以内に受験する必要があり受験機会は、最大3回付与
  3. 社会統合プログラムのコース(5段階)を修了していない帰化の総合評価だけ見つめて合格した場合には、後に面接審査必須
  4. 社会統合プログラムのコース(5段階)を修了して帰化の総合評価にも合格した場合には、後に面接審査免除

2.インタビュー

出入国外国人関西で指定する日時場所に受験。 受験機会の合計2回付与

海外の犯罪経歴書提出後に出国した事実がないか、出国後、海外から継続して6ヶ月以上居住したことがない場合は免除

コメントを残す

error: Content is protected !!