immikorea.com
巨小症

居所証申請は時間との戦いです

居所証申請代行業務をしてみると時間との戦いであることを感じます。 なぜなら、手続きが複雑で難しくなってくる方もいますが、ほとんどのお客様ができるだけ早く巨小症を発給されたいと思うからです。

韓国で不動産処理問題、銀行、証券口座開設、携帯電話開通、就職、二重国籍取得などに巨小症がなければ非常に不便か不可能だからです。 そして定められた短い滞在期間内に居所証を作って居住国に帰らなければならない方も多いです。

最近は出入国訪問の予約だけでも1ヶ月以上の時間がかかりますので、個人が申し込むのにもっと大きな困難を経験しています。 しかも、正確な手続きと書類を知らず、補完書類を再提出するために、サーナ回ずつ出入国を行ったり来たりすると、あまりにもストレスを受けるとたくさん言われます。

イミコリア行政会社は、蓄積されたノウハウで居所証申請に最適なソリューションを提供します。 居所証申請の遅延により不要な滞在費用と時間を消費しないようにします。

∗海外でF4ビザを受けて入国される場合、居所証代行ができません。

出入国規定上、F4ビザに入国して居所証のみ申請するのは外国人登録証業務に分類され、本人が直接インターネットで訪問予約をして予約日に直接訪問して受付しなければならず、現在の予約待機者が多く、予約に限り1ヶ月以上の時間がある。もっとかかっています。 したがって、短い滞在期間内に巨小症を発給されなければならない方は、ムビザや短期ビザで入国して代行をするのが最速の方法です。

居所証申請はおよそ3~4週程度の韓国滞在期間がかかります。 この期間中に出国すると、居所証がキャンセルされます。 しかし、居所登録番号が発行されれば、 거소등록증은 추후에 받더라도 거소신고 확인서를 받고 출국할 수 있는 방법도 있습니다. 詳細はご相談ください。

提出書類の準備(事前相談で正確な書類準備)
出入国事務所書類受付(行政代行窓口で予約なしですぐに可能)
受付証発行/指紋押印(7-10日)
居所登録番号 コンピュータ登録(7-10日)
居所灯製作/受領(7-10日)

∗ 上記の所要期間は、地域別出入国事務所の業務事情によって変動することがあります。

国籍喪失申告が先行している必要があります。

  1. 居所証申請の前に国籍喪失申告が先行されなければなりません。
    1. 国籍喪失申告は領事館でも可能で、韓国出入国事務所でも可能です。
  2. 国籍喪失申告ができていない場合は、国籍喪失申告受付に置き換え可能です。
    1. 受付は国籍喪失申告直ちに発行されます
    2. 領事館で発行された国籍喪失申告受付証にもなります
    3. 国籍に関する業務は代行不可です。 ただし、お問い合わせいただくと最適な発行方法についてノウハウをお知らせします。

国籍喪失申告手続きと提出書類を見る(クリック)

居所症F4ビザ統合申請提出書類

  1. 在外同胞(F4)統合申請書
  2. パスポートオリジナル、コピー、写真1枚(パスポートサイズ)
  3. 市民権証書(原本持参、コピー提出) ->いない場合は、行政会社確認書類に置き換え(お問い合わせください)
  4. 犯罪歴証明書(アポスティーユ公証書類)
    1. FBI-CHECK(アメリカ)、RCMP(カナダ)など
    2. 免除対象:60歳以上、13歳以下、独立有功者家族、特別功労者
    3. 他国で10年以内に1年以上滞在した場合、該当国の犯罪経歴証明書も提出
    4. FBI-checkは韓国で発行申請可能です
  5. 基本証明書または除籍謄本
  6. 外国人職業及び年間所得金額申告書
  7. 滞在先を証明する書類
    1. 宿泊施設提供者IDのコピー
    2. 登記簿謄本または賃貸借契約書
    3. 宿舎提供確認書
  8. 同一の確認書(戸籍名と外国パスポートの名前が変わった場合)
  9. 単純労務業種非就職誓約書
  10. 国籍喪失申告受付(国籍喪失がない場合)
  11. 出入国事務所手数料13万ウォン

∗個人状況に応じた追加書類

  1. 結婚証明書
  2. 出生証明書
  3. 両親のパスポートのコピーと市民権証書の原本とコピー
  4. 病的証明書

配偶者や未成年の子どもが在外同胞の資格がない場合、または外国人の場合、最大1年有効期間の訪問同居(F-1-9)ビザを韓国で申請できます。 居所証申請時に同時受付可能。

必要書類は国籍喪失申告受付証、基本証明書、出生証明書、家族関係証明書、婚姻証明書など状況に合わせて準備。

居所症の延長は、在留満期日の4ヶ月前から申請が可能で、韓国滞在中のみ可能です。

巨小症延長申請書類

  1. 統合申込書
  2. パスポート
  3. 巨小症
  4. 基本証明書または除籍謄本
  5. 滞在先を証明する書類
  6. 海外犯罪経歴証明書(海外で6ヶ月以上連続居住した場合)
  7. 手数料6万ウォン、(電子苦情5万ウォン)

∗巨小症の延長は、hikorea.go.krサイトで電子苦情申請が可能です。 (ただし海外犯罪経歴免除書提出対象は出入国を訪問して申請) 通常処理期間は10日程度です。

巨小症の延長電子苦情に行く

ハイコリア訪問予約
出入国事務所訪問予約

コメントを残す

error: Content is protected !!