immikorea.com
永住権者国籍申請
korea nationality acquisition procedure

대한민국 국적 취득 절차

국적법 제4조~제7조

  1. 一般帰化、簡易帰化(婚姻帰化を含む)、特別帰化に区分
  2. 書類を準備して出入国、外国人関西で受信
  3. 未成年の子供は、父または母が帰化申請時の同時申し込み可能
  1. 社会統合プログラム総合評価対象:一般帰化、簡易帰化、特別帰化
  2. 面接審査の対象:一般帰化、簡易帰化、特別帰化
  3. 社会統合プログラムを履修して基本的な素養が確認された人には、社会統合プログラムの総合評価と面接審査免除
  1. 社会統合プログラムの総合評価と面接合格者を対象に、必要に応じて滞在動向調査を実施

– 共通:滞在実態、生計維持能力、犯罪歴などを確認

– 養子縁組:養子縁組の真正性などを確認

– 婚姻帰化:通常の婚姻関係を維持するかどうかなどを確認

2.調査の内容などを総合して、帰化要件の審査

犯罪経歴照会身元照会などを経て、帰化許可するかどうかの最終審査決定

帰化許可を受けた者が法務部長官(出入国外国人官署の長)の前に、国民の誓いの後帰化証書を授与することと、大韓民国国籍取得

  1. 官報告示
  2. 最高裁判所などの関係機関の通知(家族関係登録簿の作成)

国籍取得後1年以内に外国国籍放棄(原則)または外国籍不行使誓約

  • – 外国籍放棄:大韓民国駐在自国の大使館(領事館)
  • – 外国籍不行使誓約:出入国、外国人関西(二重国籍を許可国)
  • *婚姻関係を維持している婚姻帰化許可者等は、外国国籍不行使誓約可能

住所邑、面、洞事務所(住民センター)

コメントを残す

error: Content is protected !!