immikorea.com

E-7ビザで外国人の従業員を採用しようとしたときに無条件に中央省庁の雇用推薦書を受けなければならないと思っている方が多いです。 ありません。 ほとんどのジクヨンは雇用理由書をよく書いて提出します。

E-7ビザ発給において重要な二つのポイントは、雇用推薦書と雇用活用計画書です。雇用推薦書を必須の要件とする職種は16職種に過ぎません。(下記参照)

しかし、雇用推薦が必須ではない職種であっても、雇用推薦状を発行受けてビザ申請時に提出すると、ビザ発給の確率がはるかに高くなります。 雇用推薦状を発行受けない場合には、雇用活用計画書をよく作成してビザ申請時に提出した場合です。

雇用推薦発行は、通常2週間かかりますので、緊急の事由がない限り、雇用推薦発行後のビザ申請をお勧めいたします。 もちろん申し込みとすべての発行がされているわけではなく、雇用活用計画書以上の厳しい書類審査を受けています。

最も頻度が高く、代表的な雇用推薦書は、産業通商資源部長官の委任を受けた、KOTRA社長名義のKOTRA雇用推薦書(32職種に該当)があり、そのほかにも、雇用目的に合わせて、保健福祉部、文化体育観光部など、雇用しようとする職種に該当する中央主務省庁を探して発行受け取るされます。

E-7ビザのほか、芸術と芸能活動、ホテル、遊興業、スポーツなどの運動関連活動に関するE-6ビザの場合でも、放送通信委員会や、文化体育観光部など所管省庁を探して雇用推薦書を申請することができます。 もちろん、基本的な資格や書類が最初に揃ってあります。

生産者、船舶管理の専門家、旅行業者の管理者、観光レジャー事業者は、CADウォン、金融、保険の専門家(学位のないキャリア5年の曲)、旅行商品の開発者、公演企画者、技術経営の専門家、アナウンサー、ホテル受付事務員、医療コーディネーター、観光通訳案内員、ナマコフォーム技術者、朝鮮溶接技能工、航空機整備員

KOTRA 雇用推薦書

KOTRA雇用推薦書は、8つの先端技術分野IT、技術経営、ナノ、デジタル電子、バイオ、輸送および機械、新素材、環境、エネルギー分野について発行します。

この8つの先端分野の雇用推薦書を受け取ると別名ゴールドカードというの適用され、一般的なE-7よりも、他の好みが与えられます。 ゴールドカードの優待内容は、ビザの発給上限期限を最大5年にしてくれるとか(実際には、雇用契約期間に発行)、国内居住3年後永住ビザ申請が可能、配偶者の雇用許可、勤務先変更可能などがあります。

KOTRA雇用推薦発行先職種

KOTRAの雇用推薦発行職種

KOTRA雇用推薦発行時に準備書類

KOTRA雇用推薦発給申請画面

コメントを残す

error: Content is protected !!