immikorea.com
출입국 사범심사 신속한 조치가 핵심입니다
出入国事犯審査Deportation Judgement

出入国管理法第11条3項によると、大韓民国で外国人が犯罪を犯した場合、その外国人が大韓民国に継続滞在する必要があるかについての審査を経るています。 これらの審査を出入国事犯審査と呼びます。

したがって大韓民国国民が犯罪を犯したときは、一度の刑事処罰や罰金などで事件が終結されている一方で、外国人は追放するかどうかのもう一度の追加の審査を受けることになるのです。 明確な規定はないが、一般的に罰金300万ウォン以上で追放の審査対象に含まれます。

1.警察の調査 – >2.検察送検 – >3.裁判起訴 – >4.確定 – >5.出入国事犯審査

1.警察の調査

飲酒運転、暴行、暴動、麻薬、性犯罪、窃盗などの外国人が犯罪を犯したとき、1次的に交番や警察署で調査を受けることになります。 基本的に非拘束捜査が原則だが、現場で罪を犯した疑いすべき相当な理由があるか、後日正当な理由なく捜査機関の出席要求に応じなければ逮捕されることがあります。

警察は、被疑者新聞を通じて調書を作成します。 この段階で被疑者は弁護人を選任する権利があり、供述書の作成を通じて事件に関する客観的事実と本人の行為について論争する過程を行っています。

– >外国人の場合、このステップから積極的に師範審査に備える必要があります。

2.検察送検

警察官は調査内容をもとに、犯罪の疑いがあると認められる場合の検査に事件を送致し関係書類と証拠物を検査に送付します

3.公訴提起

検査は、事件について公訴提起するかどうかを決定して控訴状を裁判所に提出することにより公訴が提起され、これで捜査手続きは終了します

4.判決

犯罪の軽重に応じた判決が下され、犯罪の程度が微々たる場合検査は、裁判所に略式命令を請求して罰金や過料などで 裁判手続きなしで処罰を終了します。 略式命令は、検査と被告人に裁判を送達することにより、通知されます。

略式命令に不服がある被告人は、告知を受けた日から7日以内に書面で正式裁判を請求することができます。 

5.刑事手続き終了

略式命令判決文などの請求書を介して受信し、罰金などを納付すれば刑事手続きは終了します。

6.出入国事犯審査

出入国事犯審査は刑事手続が終了する必要があり開始することができます。

出入国出席要求書
出入国出席要求書

1.強制退去

  1. 「強制退去」は、出入国管理法上違法外国人に対する行政処分の一種で、罪外国人に対して、国内の滞在を許可しないことはもちろん、その外国人の意思に反して強制的に大韓民国の領土外に送還するための最も強力な処分です。
  2. 強制退去は、国の安全と秩序を維持するための措置として、国は、広範な裁量権を持つことになります。
  3. ただし、強制退去の対象であっても、その要件の軽重や人道相互主義など様々な諸条件を考慮して、これを留保することができます。
  4. 強制退去命令に対する異議申請:容疑者が退去強制に対する異議申請をしようとするときには強制退去命令書を受けた日から7日以内に異議申立の提出が可能です

2.出国命令

1.「出国命令書」発行
  • 出入国管理公務員は出国命令を決定した場合、出国命令書発行日から30日以内の期限を定めて出国命令書を当該外国人に交付します。
  • 出国命令を受けて30日以内に出国していない外国人に対しては、強制退去命令書を発行します。
  • 出国命令書を受けた外国人は、出国時出入国公務員に出国命令書を提出しなければならない。

2.出国期限の猶予

  • 出国命令を受けた外国人が出国する船舶などがないか、病気その他やむを得ない事由により、その期限内に出国することができないときは、その事由を疎明する資料を出入国管理事務所長・出張所長又は保護所長に提出して出国期限の猶予を必要があります。

強制退去と出国命令の違い

  1. 共通:二つの多追放のコマンドであり、行政審判と行政訴訟を提起することができます。
  2. 違い – 強制退去は脱出の危険がありますので、外国人保護所に閉じ込める措置であり出国命令は自発的に本国に帰る航空券を購入してくるようにする措置です。 強制退去は異議申立が可能か出国命令は異議申立てをできません。

3.出国勧告

  1. 出国勧告は、外国人が国内滞在中出入国管理法の無知などの理由で、法に違反することはしましたが初めてで軽微な場合罰則等の処分をすることなく、自発的に出国できるように勧告する制度です。 出国勧告を受けたことによって、今後の再入国をする不利益や処罰を受けることはほとんどありません。
  2. 出国勧告対象者は、違反の程度が軽い場合であって、その違反期間が10日以内の場合、または法務部長官が出国を勧告する必要があると認める場合です。

コメントを残す

error: Content is protected !!