immikorea.com
公益投資家ビザ

公益事業投資ビザ/退職投資移民第

法務部長官が定める元本保証無利子ファンドに投資すれば、投資家とその家族に居住(F-2)ビザを付与し、投資の状態を5年間維持時、永住権(F-5)資格に変更して、韓国で継続滞在するすることができます。

*公益事業投資ビザF-2ビザのメリット

  1. 自由入国、出国
  2. 自由な不動産取引
  3. 事業
  4. 就職
  5. 学業
  6. 配偶者、未婚の子供にも、F-2の資格付与
  7. 必ず韓国に居住していなくても、1年以内に1回の再入国にビザの資格を維持することができます。

公益事業投資ビザの種類

1.一般的な投資移民

  1. 投資金額:5億ウォン以上
  2. 5億ウォン以上の公益事業投資移民ファンドに預け市在住(F-2ビザ)の資格を付与し、投資の状態を5年間維持時永住権(F-5)資格を付与

2.退職投資移民

  1. 投資金額3億ウォン以上、55歳以上の
  2. 3億ウォン以上の公益事業投資移民ファンドに預け市在住(F-2ビザ)の資格を付与し、投資の状態を5年間維持時永住権(F-5)資格を付与
  3. 投資に加えて、居住(F-2)在留資格取得時本人と配偶者の国内又は国外資産が3億ウォン以上があることを実証しなければならず、5年後永住(F-5)資格の変更の際には、本人と配偶者の国内資産が3億ウォン以上が必要です。

3.高額投資条件永住権移民

  1. 投資金額:15億ウォン
  2. 韓国の永住権を最も早く取得することができるように、月内の永住権を取得することができます。
  3. 15億ウォンを公益事業投資移民ファンド(元金保証無利子型)に預け時すぐに永住権を取得することができます。 ただし、5年間の投資の状態を維持するという誓約書を作成する必要があります。
  4. 投資、すぐに永住権を取得することができ許可期間も資格の変更受付日の基準2週間以内に可能です。
  5. 元金は安全保障、投資回収はいつでも可能(ただし投資回収時、F-2の資格喪失)
  6. 投資家本人だけでなく、配偶者、未成年者の女、未婚成人した子供も永住資格が付与されます。

公益事業投資ビザの手続き

事前審査(出入国外国人庁)

⇒外国人本人名義口座開設と投資送金(ウリ銀行)

⇒外国人本人の国内入国
⇒投資送金完了の確認や居住(F-2)資格の変更
⇒投資を維持5年後永住(F-5)資格の変更
⇒永住(F-5)資格の変更後の投資資金回収の申請

D-8企業の投資ビザとF-2公益投資ビザでビジネスをする場合の比較

資金に余裕がある場合は、D-8企業の投資ビザで申請するよりも、公益投資を通じて、F-2ビザを取得して韓国の文化と制度を体験した後、余裕をもって事業をすることをおすすめいたします。 D-8ビザの場合、事業実績が不振、または存在しない場合、ビザの延長が困難な場合があるが、公益事業投資F-2ビザでビジネスをする場合には、制約がありません。 また、法人設立が必要とせず事業者登録さえすれば、ビジネスが可能なため、法人設立に入る税金などの費用を大幅にアキルスています。

その他の投資家ビザ

  1. 企業の投資移民(創業)
  2. 高額企業の投資移民
  3. 不動産投資移民、

コメントを残す

error: Content is protected !!