Visa agency registered with the Ministry of Justice

Immikorea Administrative Office

010-3499-6649

contact us

Business Phone

+82-10-3499-6649

Contact time

Mon-Sat : 0900 - 1800

保護一時解除

保護一時解除(Temporary release of confinement)

外国人が飲酒運転や暴行、傷害、性的虐待、薬物などの犯罪を犯すと、出入国事犯審査結果に基づいて出国勧告、出国命令、強制追放(強制退去)などの決定が下されるようになります。

ほとんどは期限を定めてくれ執行をすることになる不法就労、不法滞在など、警察や入管取り締まり職員に摘発された場合には、すぐに強制追放のために外国人保護所に直接収監されている場合もあります。

また、外国人が法廷で実刑を受けて刑務所に収監された場合、収監期間が終わって出所した場合でも、すぐに避難所に引き継がれ、強制追放手続きを踏むことになります。

場合によっては、罰金や執行猶予の決定を受けたにもかかわらず、シェルターで引き継がれる運の悪いケースもあります。

これは、犯罪の内容、罪質、再犯の可能性などを総合的に考慮して判断することになるが、完全に出入国事務所の裁量が多く作用するようになります。

出国命令を受信すると、身の回りを整理する時間も少し生じるが強制追放の決定は、まさに避難所に収監されてしまうため、身の回りを整理する時間すら持つことができません。

これにより、保護の一時解除という制度を置いて、国内に残っている事業所や財産、家などその他の身の回り整理する時間を与えることです。

保護一時解除は収監されたすべての外国人が申請しても許可がされているわけではない。

当該外国人の生命や身体に重大な脅威があるか、回復することができない重大な物的損害が発生するおそれがある場合に限りその出入国事務所で決定されます。

出入国事務所では、法律違反の事実の内容、態度、逃走の懸念などを総合的に判断し、許可されます。

そのため、同じ罰金額または同じ刑量は、同じ不法滞在期間などの条件であっても承認するかどうかが変わることがあり、そのため、お申し込み理由書と証明書類をよく準備することが何よりも重要だとします。

通常の保護を一時解除を申請する場合は、2千万ウォン以下の保証金を預けて(金額は処罰のレベルに応じて異なる場合があります)住宅の制限、身元保証人などの必要な条件をつけて、一定期間の承認を受けることができます。

預けた預金は、出国時返されもし保護一時解除中連絡が途絶えたり、期限内に出国しなければ預けた保証は没収されます。

保護一時解除請求の資格

  1. 被保護者
  2. 被保護者の身元保証人、法定代理人、配偶者、直系親族、兄弟姉妹、家族、弁護人

審査基準

  1. 生命、身体に重大な脅威や回復することはできない財産上の損害が発生するおそれがあるかどうか
  2. 国家安全保障、社会秩序、公衆衛生などの国益を害するおそれがあるかどうか
  3. 被保護者の違法実際には、年齢、性、調査過程と保護施設での生活態度
  4. 逃走する恐れがあるかどうか
  5. その他重大な人道的事由があるかどうか

基本提出書類

  1. 保護一時解除請求書
  2. 一時解除請求事由証明資料
  3. デポジットの支払い能力疎明資料

事例別提出書類

1.病気治療のための場合

– 医師の診断書、病院の診療の事実確認書の提出

2.訴訟と関連している場合

– 所長のコピー、訴えの提起証明願提出

– 被保護者が訴訟の原告であり、訴訟価額が1千万ウォン以上であること

– 被保護者が訴訟遂行のために6日以上外出する必要があること。

– 保護命令、強制退去命令の取消訴訟を提起した場合ではないこと。

– 被保護者が訴訟価額1千万ウォン以上の訴訟当事者として法律救助公団からの構造決定を受けたときは、法律の構造決定書の写しを提出

3.賃貸借保証金と関連した場合

– 賃貸借契約書の真正性確認

– リースデポジットが1千万ウォン以上であること。

– 賃貸人が保証金の返還を回避するなどの理由で被保護状態で保証金の返還を期待するのは難しい場合であること

4.未払い賃金と関連する場合

– 未払い賃金が1千万ウォン以上であること

– 雇用者の賃金未払い確認書または支払い覚書、労働部発行未払い金品確認源のいずれかがあること。

– 被保護状態で未払い賃金の請求及び受領を期待することが困難場合であること。

5.配偶者または直系尊卑属が国内で死亡した場合

– 死亡診断書、入院治療書など証明資料提出

保証金の預け入れ

次の要件を考慮して、300万ウォン〜2千万ウォン以下の保証金を預けなければならない

  1. 保証金を預けたい者の資産状況
  2. 被保護者の出席担保可能性
  3. 身元保証人が過去に責任を履行していない場合は、最低500万ウォン以上

保護一時解除期間の延長

  1. 保護一時解除期間延長請求書
  2. 疎明資料の提出
  3. 1回に延長する一時解除期間は、6ヶ月以内

火星外国人保護所の位置と面会時間

火星外国人保護所

面会時間月〜金09:00 -11:00、13:00-16:30土日09:30-11:00

清州外国人保護所の位置と面会時間

忠清北道清州市西原区若い男性に1887ボンギル49

面会時間月〜金09:00 -11:00、13:00-16:30土日09:30-11:00

コメントを残す

error: Content is protected !!