immikorea.com

国内不動産を一定額以上住む外国人に国内居住資格(F-2)を与え、5年以上滞在すると永住権(F-5)を可能にする外国人投資制度である。

  1. 投資設備先に基準額以上を投資した外国人または法人の現職役員、株主とその配偶者、未婚の子供は居住(F-2)の資格を取得
  2. 投資設備の契約金と内金として1億ウォン以上投資した外国人は、訪問同居(F-1)の資格を取得

不動産投資移民対象地域は指定されています。 必ず法務部長官が指定した地域の指定された建物のみとなって指定の不動産ではない場合には、購入をしてもビザを取得することができません。

  1. 江原道平昌アルペンシアのレクリエーションコンドミニアム憎しみ、一般宿泊施設と生活宿泊施設、観光ペンション
  2. 仁川経済自由区域の松島国際都市、永宗地区、青羅国際都市のレクリエーショントンもミニオム、一般宿泊施設と生活宿泊施設、体育施設と連携して建設する住宅、観光ペンション、先着順の方法により入居者を選定することができ住宅
  3. 済州特別自治道の休養コンドミニアム、一般宿泊施設と生活宿泊施設、観光ペンション
  4. 全羅南道麗水硬度海洋観光団地の休養コンドミニアム、一般宿泊施設と生活宿泊施設、観光ペンション
  5. 釜山海雲台観光リゾート、東釜山観光団地の休養コンドミニアム、一般宿泊施設と生活宿泊施設、観光ペンション
  6. 試合坡州統一丘地区の休養コンドミニアム
  7. 江原道江陵正東津地球休養コンドミニアム、一般宿泊施設と生活宿泊施設、観光ペンション
  8. 全羅南道麗水華陽地区休養コンドミニアム、一般宿泊施設と生活宿泊施設、観光ペンション
  1. 基準額または一定の金額以上が海外資本から投資されたことを証明すること。
  2. 投資基準額を蚕食しない状態での投資状況を維持すること。
  3. 以下に該当する欠格事由がないこと
    1. 罰金処分又は刑事処罰を受けた者
    2. 入国禁止事由に該当するか大韓民国の安全保障と秩序の維持、公共福利、その他大韓民国の利益を害するおそれがある場合
    3. 虚偽の書類を提出した場合、
    4. 売りまたはリース、担保設定などの投資先を収益活動に活用したり、投資先が差し押さえされた場合、
  1. パスポート、写真
  2. 外国人登録者である場合は、外国人登録証
  3. 不動産売買契約書
  4. 登記である場合、不動産登記簿謄本
  5. 外国為替買入証明書などの外国為替搬入証明書類等
事前検討
不動産契約および取得
投資確認
居住資格の変更
5年後居住資格申請
  1. 不動産投資移民居住(F-2)資格を受けた後、5年以上を維持しなければならない
  2. 投資設備のリース、担保設定、売買、押収などの投資条件を喪失せず、投資の状態を5年間維持すること
  3. 入国禁止事由、虚偽の書類の提出等別途規定された欠格事由に該当しないこと

訪問同居(F-1)資格該当者は、1億ウォン以上の投資の状態を維持しながら、継続して投資を進行中でなければならない。 もし本人の責に帰すべき事由に1年以上1億ウォン以上の追加投資が行われていない場合、滞在許可が制限される。

コメントを残す

error: Content is protected !!